記事

児童虐待の早期発見のためにAIを活用、東京都練馬区で実証実験へ

1/2
Pixabay

株式会社FRONTEOは3月17日、同社のAIエンジン「KIBIT(キビット)」を活用し、東京都練馬区と協同で、練馬区子ども家庭支援センターが運用している児童家庭相談システムへのAI導入に向けた実証実験を開始することを発表した。

目的は児童虐待(重篤なケース)の早期発見および早期対応のサポートで、実証実験は2020年4月から実施する。

>> プレスリリース

相談内容から重篤化につながりやすい順にスコア化

実証実験では、練馬区子ども家庭支援センターが児童情報を管理している「児童家庭相談システム」の児童記録内容をKIBITで解析する。

練馬区子ども家庭支援センターが支援したケースのうち、東京都児童相談センターに一時保護を要請したケースを分析し、重篤化につながりやすい順に高いスコアを出すことで、早期に対応が必要なケースを見極める判断をサポートする。

練馬区の蓄積された知見にKIBITを活用し、重篤化する可能性のあるケースを見逃すことなく、早期対応のための迅速な意思決定の支援を目指す。

実証実験の流れのイメージ

練馬区では、子ども家庭支援センターで、子どもと子育て家庭に関する多様な相談に応じ、相談内容に応じた専門機関やサービスの紹介、必要な調整をしている。

しかし、育児しつけや養育困難、相談歴の問い合わせなどにより、子ども家庭支援センターへの相談件数は年々増加している。その数は平成30年度には過去最大の6402件あったという。

寄せられた相談のなかでは虐待に関する相談は449件。過去の推移もほぼ横ばいで1割未満だが、東京都児童相談センターに寄せられる練馬区民の虐待相談と合わせると1000件を超す。

子どもの生命にかかわる重篤なケースを早期に発見することで、必要な支援に適切かつ迅速につなげていく。

KIBITを使ったこの実験では、相談ごとのケースに応じた必要な支援につなげるだけでなく、家庭支援センター職員の経験年数に寄らない判断のサポートや、リスク管理の向上も目的としている。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  6. 6

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  7. 7

    学校で感染集団 予防はまだ必要

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  10. 10

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。