記事

【衆院静岡4区補選】野党共闘の名を借りた政治ショー

降ろされた共産党候補の島津幸広氏・前衆院議員(右)は返り咲きを狙って熱心に運動を進めていた。そんな島津氏をお披露目式に引き摺り出す。お世辞にも上手いとは言えない演出だった。=17日、参院会館 撮影:田中龍作=

 望月義夫元環境相(自民)の死去に伴う衆院静岡4区補選に立つ野党統一候補のお披露目式が、きょう、東京であった。有権者のいる地元ではない。

 4月14日告示の同補選は、浜岡原発の再稼働が大きな争点となる。

 立候補するのは田中健氏(元都議・42歳)。細野豪志議員の秘書を務め、前回(2107年)の衆院選に希望の党から出馬、落選した。

 参院会館であったお披露目式には、田中候補予定者本人と立憲、国民、共産、社民の幹事長、書記局長らと市民連合の山口二郎氏らが出席、14項目から成る政策確認文書にサインした。

 確認文書は野党第一党の立憲と国民の意向を忖度した内容だ。

 消費税は再検証。原発については廃炉を謳っていない。いくらでも再稼働の抜け道がある。

 有権者、地元民は二の次の政策内容だ。これで野党支持者を取り込めるはずがない。

 記者会見では、田中氏が政策をよく把握していないことが露呈した。

記者から質問された政策項目はどこにあるのか? 指でたどって探す田中候補予定者。おぼつかなかった。=17日、参院会館 撮影:小杉碧海=

 質問された政策項目をたどたどしく探す姿は気の毒でさえあった。

 原発再稼働について質問が飛ぶと「(原発立地の)市長や地元と相談しながら…」を繰り返した。

 消費税減税は?と聞かれると「消費税増税はどうだったのか、しっかり議論しながら検証してゆきたい」と答えるありさまだった。

 告示まで一ヶ月を切っているのに「議論する」なんて悠長過ぎるにも程がある。

 弔い合戦は「遺族陣営」の方が圧倒的に強い。自民公認候補は地元市議→県議の深澤陽一氏(43歳)。叩き上げだ。

 しかも先月中に岸田政調会長が出席して事務所開きをとり行っている。

 かたや野党は今頃になって、東京で各党の幹事長が顔を揃えた。「野党共闘うまく行ってますよ」・・・あきらかにマスコミ向けのショーである。

 野党はまとまった方がいいに決まっているが、ただ共産党を降ろして、野党第一党と第二党ペースで事を進めるだけ。

 そこには有権者の声など反映されていない。

     ~終わり~

  ◇
『田中龍作ジャーナル』はマスコミが報道しない視点からニュースを伝えます。

取材には交通費等のコストがかかります。ご支援何とぞお願い致します。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「万年野党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  2. 2

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  3. 3

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  5. 5

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  6. 6

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  7. 7

    GoToの旅行に税金使われる違和感

    中川 淳一郎

  8. 8

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  9. 9

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  10. 10

    昭恵氏が自殺職員妻に送ったLINE

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。