記事

ここまで来た裁判員を隠れ蓑にした重罰化の流れ 検察求刑を大幅に超えた量刑の理由

 姉を刺殺したとして殺人罪に問われた42歳で無職の男性の裁判員裁判で、大阪地裁は7月30日、被告に精神障害があるとの理由から、検察の求刑の懲役16年を上回る懲役20年の有罪判決を言い渡した。

 裁判では約30年間引きこもり状態だった被告に先天的な広汎性発達障害の一種であるアスペルガー症候群の影響があることや、その精神障害が殺意の動機形成に影響したことは認定されたが、殺人についてはあくまで「最終的には被告人の意思で犯行に踏み切った」として、精神障害を理由に保護観察付き執行猶予を求めていた被告側の主張は退けられた。

 ところが量刑において河原俊也裁判長は、被告人がアスペルガー症候群の影響で反省の態度が示せないことに触れ、「健全な社会常識の観点からは、いかに病気の影響があるとはいえ、十分な反省のないまま被告人が社会に復帰し、社会に被告人のような精神障害者の受け皿もないため、再犯が強く心配される。許される限り刑務所に収容することが社会秩序の維持にも役立つ」として、検察の求刑は軽すぎるとの判断を示した上で、検察の16年の求刑に対して裁判所の判断として20年の実刑を言い渡した。つまり、有罪・無罪を判断する評議では精神障害は酌量されなかったが、量刑を決める段階になって精神障害がより重罰にすべき理由として採用されたことになる。

 通常、刑事裁判では精神障害は刑が軽くなる場合が多い。精神障害を理由に刑を重くする判決は異例であると同時に、発達障害の専門家らはこの判決の背景には裁判所の障害に対する無理解や偏見があると、この判決を批判している。

 確かに精神障害に対する裁判所の無理解も大いに問題だ。そもそもアスペルガー症候群を理由に反省ができないとしている点も、精神障害に対する基本的な理解に欠けると断じざるを得ない。実際には精神障害者の犯罪率も再犯率も健常者よりも低いことがデータで明らかになっている。精神障害者がより犯罪を犯しやすいとか再犯を犯しやすいと考える根拠はなく、これはあくまで裁判官の偏見に基づいている。このような判決によって、精神障害に対する社会の偏見が更に助長される恐れもある。

 しかし、もう一つ気になる点がある。それは裁判員裁判が始まってから、検察の求刑を超える判決が出るケースが相次いでいることだ。最高検によると7月20日現在で、既に26件の判決で検察の求刑を上回る量刑が言い渡されているという。

 一部報道では今回の判決を「国民感覚に沿った妥当な判決だ」と評価しているようだが、果たしてその国民感情は根拠のあるものなのか。あるいは、元々国民の視点を判決に持ち込むことを意図した裁判員制度では、根拠の有無にかかわらず、判決に国民感情が反映されることをいいことを考えるべきなのか。言うまでもないが現在の日本の裁判員制度の下では、一般市民からなる裁判員が量刑の決定にまで関与する。そのため裁判官は仮に過去の判例に反するような量刑が出たとしても、裁判員の意見つまり「国民感情」を反映した結果として、それを正当化できるようになっている。

 裁判で言い渡される量刑については、明確な法的根拠や客観基準は存在しないと言う。通常は検察求刑の7~8割が相場とされているそうだが、精神障害を理由に求刑を大きく上回る量刑を言い渡した今回の判決のぜひと、裁判員制度によって同様な事例が予想されることの意味を、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

あわせて読みたい

「裁判」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

  8. 8

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  9. 9

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  10. 10

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。