記事

ツイッターCEOが掲げる「分散型SNS」が「多様性」の結末を暗示する

2/2
Photo by Sergey Zolkin on Unsplash

ツイッター上で激化する「オタク」と「フェミニスト」の対立に変化か

たとえば、現在「ひとつのツイッター」上では「オタク」と「フェミニスト」の対立が激化している。「分散型SNS」導入後のツイッターであれば、「オタク・コンテンツ」が好きな人はそういう人と集まってサーバーを構築することができるし、「オンライン・フェミニズム」が好きな人も同様のことができる。

「ひとつのツイッター」上で生じていた両者の対立は、「分散型SNS」が導入されれば間違いなく「サーバー間対立」の構図へとスライドしていくことになるだろう。しかしながら「ひとつのツイッター」の時代には不可能だった「ドメインブロック」を行うことで、双方は敵対するサーバーを利用するアカウントを一括で遮断することができるため、局所的かつ個別的な争いが起きる可能性は大幅に低くなる。

個別にアカウントをブロックしかできなかった「ひとつのツイッター」の頃とは違い「嫌なら見るな」の原則をより強固にすることができる。いうなれば「嫌なら(自分から別のアカウントをつくってサーバーにアクセスしないかぎり)絶対に見なくて済む」と。

Getty Images

「ひとつのツイッター」をはじめとするSNSは、自分の好きな人や物だけでなく、嫌いな人や物に対する「認知的距離感」をも消し去ってしまった。私たち人間は、視覚的情報によって物理的距離感を推し量ることには長けているが、物理的実体の伴わない情報と自分との認知的距離感を取ることはきわめて苦手である。

フェミニストたちが、いままで行ったこともないような地域のキャンペーンに「萌えキャラクター」が使われているのをSNS上で発見したら、まるで自分がセクハラに遭ったかのように被害意識が発火してしまう様子をしばしば目にする。

こうした現象は、当人の自他境界が曖昧であることで説明されるだけではなく、そもそもSNSを介したコミュニケーション自体が「自分には本来的に関係のないことかどうか」という判断を鈍らせてしまう性質を伴っているため、より顕在化しやすくなっている側面も無視できない。

現状では「嫌なら見るな」と言われても、その対処法には限界がある。現在のツイッターの仕様的には、自分ではコントロール不能な要因(RTやfavなど)によって「偶発的に目に入ってしまう」こともあるだろう。個別アカウントをミュートしたりブロックしたりする対症療法的な処置は可能であっても、しかし「ひとつのツイッター」内では、不快感を惹起する存在を否応なく認識してしまいうる根本的問題はまったく解決されない。

「分散型SNS」が導入されることで実現されるのは「嫌なら見るな」ではなく「嫌なものはそもそも同じ場を共有しないようにしましょう」という世界だ。「敵」のいない快適さに、多く人びとは闘争することも忘れて歓喜するだろう(もちろん、わざわざ不快なものを攻撃するために探す酔狂な例外は排除できないが)。

とりわけ「世間の人には(なにを言われたり思われたりするか知れたものではないから)見られたくない」という意識を強く持つオタクたちにとっては、分散型SNSによって与えられる恩恵は一入(ひとしお)かもしれない。オタクたちは当初「多くの人に見てもらえるのがうれしい」と思っていたかもしれないが、おそらく近頃は「もう懲り懲りだ」となっている人が少なくないだろう。なにせ、世間のプレゼンスを獲得すれば、そのぶんだけ「炎上」してしまうリスクが高まってしまうのだから。

Pixabay

「理解しえない」ことを理解した末の最適解

「分散型SNS」は、SNSの全世界的かつ急速な普及と並行しながら、世界(とりわけSNS普及率の高い先進各国)が政治的に推し進めてきた「多様性」という一大思想のひとつの帰結としても見ることができる。

すなわち、グローバル社会が理想的に追求してやまなかった「多様性」とは「相互理解を前提とした共生」を結実するのではなく「相互理解が無理であることを理解したうえでの決別」へと終着するということだ。言い換えれば「私たち人類には相互的な理解のうえで調和し、よき隣人として生きることを求める多様性」は、まだ早すぎたのだ。「融和して生きる多様性」ではなく、「決別して生きる多様性」の端緒として「世界的SNSのひとつであるツイッターにおける分散型SNSの導入」が位置付けられることになるだろう。

私たちは「お互いがことばを尽くせば、」と聞くと、そのあとには「分かりあえる」というフレーズが挿入されるとしばしば連想してしまうが、現実はそれほど甘くはない。実際にはその逆で「お互いがことばを尽くせば、別れあえる」となることの方が多い。価値観も行動様式も異なる双方がSNS上でことばを尽くした末に導き出される最適解が「和解・融和」ではなくて「決別・分断」であると、多くの人びとが気づき始めた。

コミュニケーションの結果として、お互いが「理解しあえないことを理解した」うえで、それでもつぶし合わずに「これまではオンライン上で取ることが難しかった認知的距離」を取っていくための方策が「分散型SNS」となるだろう。もとより人間はすべての人と分かりあうことなどできないし、分かりあうことのできない人が自分のすぐそばで暮らすことを長く許容するほど器用で柔軟な認知機能を有していない。ほとんどの人にとって耐え難いほどのストレス(認知的不協和)がともない、そのストレス源を排除したくなるようにインプットされている。

国籍や人種や民族や価値観や考え方や行動様式の異なるだれしもが、たとえゼロ距離で近接して生きていくことになったとしても調和して生きていける(べき)――と謳った「多様性」という一大思想の終着駅に向けた列車に、私たちはいま乗車している。だがこれは、悪いことだと言えるのだろうか?そばにいればきっと争ってしまう人びとが、お互いの姿を視界に入れず、穏やかに過ごせる道でもあるのだ。

相容れない者同士が殲滅戦を回避するために、決別して生きる道もある。SNSで繰り返される争いに疲れた人びとは、軋轢や衝突を受忍しなければならない「多様性」より、「平和的決別」を選ぶときがいずれやってくる。

【参考文献】
(*1)https://twitter.com/jack/status/1204766078468911106

(*2)Wakageeks『SNSが変わろうとしている:Twitterの分散化方針をアナタは知っているか』

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  7. 7

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    マツコ東京疲れ 田舎へ憧れ語る

    SmartFLASH

  10. 10

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。