記事

東出昌大、急遽囲み取材を実施して不倫謝罪 3年に渡る不倫愛は「おごり、慢心」

 今年1月に女優・唐田えりかとの“3年不倫愛”が発覚した俳優の東出昌大が17日、都内で行われたドキュメンタリー映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(3月20日公開)の公開直前トークイベントに参加した。



 不倫騒動後初めて報道陣の前に姿を現した東出は、急遽実施された囲み取材で「本来この度の件において最も謝罪しなければならないのは、妻に対してだと思います。妻には直接謝罪の気持ちを伝えてまいりたいと思います。

色々なお仕事の関係からこのような機会を設けることが遅くなりました。今日カメラの前で私が何かを発言することによって、これ以上妻を傷つけたくはありません。ですのでお答えできることに限りはありますが、宜しくお願いいたします」などと謝罪の言葉を口にして頭を下げた。



 連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」撮影終了後に妻・杏とは共通の友人を通して対面の場が設けられたそうで「基本的には二人で。話し合いは今後も続けていくと思うのですが、具体的なことは正直何も決まっておりません」とし、杏には「大変申し訳なく思っております。裏切ってしまい申し訳なかった」と伝えたという。

 不倫報道後の日々については「毎日、妻や子供に対して申し訳ないという気持ちでした。その中でドラマの撮影をさせて頂いたけれど、共演者の方やスタッフの方々には日々申し訳ないと思っていました」と回想。幼い子供とは直接会っていないというが、杏の配慮によって「毎晩のようにビデオ通話をしてくれて…」と明かし「子供たちの姿を可愛いなという思いと、申し訳ないなという気持ちの両方です」と一人の父親として反省しきりだった。

 不倫相手の唐田とは「謝罪は…直接お会いをしてではありませんが…はい」と謝罪したようで、唐田とは別れた?との質問には「はい」と断言した。不倫に走った理由を聞かれると「仕事にも私生活においても、おごり、慢心、そのようなものがありました」と自己分析し、3年も関係を続けてしまったことについては「やはり自分のことしか考えていなかった」と言葉を噛みしめながら後悔の念を滲ませていた。

 約20分の囲み取材を終えた東出は、舞台袖に引き下がろうとするも、今一度報道陣の前に立ち「今後何か決まりましたら、どのような形になるかはわかりませんが、報告させていただきます。私の口から言えたことではないのですが、妻と小さな子供たちのことは静かに見守ってあげていてください」と家族に思いをはせていた。





テキスト・写真:石井隼人

▶︎桐谷健太&東出昌大W主演「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」はAbemaビデオで配信中

あわせて読みたい

「東出昌大」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  10. 10

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。