記事

新型コロナで「内定取り消し」受けた学生を採用する企業続々 書類選考の免除も

諦めるにはまだ早い? 諦めるにはまだ早い?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経営悪化で「内定取り消し」に遭った20年卒学生を対象に、採用選考を実施する企業が相次いでいる。眼鏡の製造販売を手掛けるオンデーズは3月17日、臨時選考の実施を発表。リリースでは

「弊社は2020年春からの就業の機会を失った新卒学生に向けて採用の機会を設けることで、学生たちの不安を少しでも解消すべく微力ながら尽力いたします」

などと応募を呼び掛けた。

不動産、IT、旅行代理店など様々な業種で

同社では、営業、エンジニア、経理、デザイナー、映像制作の5職種で募集。4月の入社に間に合わせるため、通常は行っている書類選考を免除するという。

不動産賃貸仲介大手のハウスコムでも、新型コロナで「内定取り消し」を受けた学生を対象に追加選考をスタート。「未知の状況の中、4月から予定していた就業の機会と収入を失った新卒学生の皆様に対して、将来への不安を解消する一助になればと考えた」と背景を語る。

IT企業のWizでも、通常実施している3次までの選考を2次までに切り替える"スピード選考"を実施する。新型コロナウイルスに不安を抱える人には嬉しい、オンライン面接にも対応している。

このほか、プレスリリース配信サイトで確認すると、IT企業や旅行代理店、脱毛サロンなどで、3月中旬から「内定取り消し」を受けた学生を対象に採用活動を実施している。

新型コロナウイルスが原因で内定取り消しに遭った場合、取り消し事由が不当だとして弁護士に相談するのも一つ。だが、どうしても4月に入社したい場合は検討してみては。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  3. 3

    トランプ氏 SNSサイト閉鎖を示唆

    ロイター

  4. 4

    テラハ制作の無責任 過剰演出も

    文春オンライン

  5. 5

    769億円で「幽霊法人」に発注か

    文春オンライン

  6. 6

    カイロ大卒は嘘 小池氏巡り証言

    文春オンライン

  7. 7

    宇都宮候補「五輪は中止すべき」

    田中龍作

  8. 8

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。