記事

なぜ羽田空港は東京上空に飛行機を"飛ばしまくる"必要があるのか

1/2

2020年7月から開催される東京オリンピック・パラリンピック。世界的な一大イベントの効果は大きく、2020年の訪日外国人・インバウンドの旅行者は3400万人を超えると見込まれる(JTB調べ)。年々過去最高を更新し、政府が目標にする30年の目標6000万人も見えてきた。インバウンド増加への対応に関連産業の多くが追われることになるが、航空産業、空港ビジネスも、この商機に事業の飛躍を目論む。

世界で5番目に乗降客数の多い羽田空港は、東京五輪はもちろん、その後の拡大も視野に入れて現在大改修中だ。国際化や便数の拡大に加え、空港内のサービス拡充にも力をいれる。果たして、日本の玄関口・羽田はどのように変わろうとしているのか。

羽田の国際化加速

19年1月、政府は東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて羽田空港の国際線増便に向け、米軍に管制権がある「横田空域」を一部通過する新しい飛行ルートの航行をアメリカと合意したと発表した。20年3月からは現在、1日最大で80便のところ、50便増えて130便まで拡大する。



航空行政が専門の戸崎肇桜美林大学教授は、「日本の空港国際化は羽田空港の強化が基本戦略となり、それを成田国際空港が補完するという形で、進んでいくことになる」と指摘する。

国際線増便に対し、航空会社側の動きは急だ。すでに米国大手のデルタ航空が現在、成田空港から7路線、羽田空港から2路線の運航を、20年3月からすべて羽田空港に集約させることを発表。また、日本航空も9便を成田から移すなど、新設路線を含めて羽田発着の国際線を1日22便から34便に増やすことを発表している。

桜美林大学教授 戸崎 肇氏

今後も、さらに羽田空港の国際化は進むのだろうか。「これ以上の拡大は難しいのではないかと見ています。20年の新ルートの開放も必死の交渉の末ようやく許可をもらった。しかも追加された50枠のうちほぼ半分(24枠)はアメリカの航空会社向けです。加えて、新しく航行するルートは東京上空を通るため落下物や騒音問題もはらんでいます」。

さらに発着する滑走路が足りないという問題も抱える。そこで羽田空港に第5滑走路を増設しようという動きもあるが、戸崎教授は否定的だ。

「第5滑走路をつくるということは、さらに海側にまたせり出してしまう。いま増設している第4滑走路をつくるときにも議論になりましたが、国家予算が限られるなかで数十億円という投資をしてまでつくってどうするんだという意見もあります」

世界の空港との競争激化

羽田空港の拡張に制限があるなかで、もう一方の首都圏の国際線を担う成田空港との一体運用が求められる。19年11月には、成田空港を運営する成田国際空港株式会社が28年度末をめどに第3滑走路の新設に向けて国土交通省に許可申請を出したのだ。滑走路の本数を増やし、LCC(ローコストキャリア)を中心に路線の維持拡大を狙う。

「羽田空港の国際化は、強いカンフル剤として成田空港に効いている」(戸崎教授)

しかし、羽田空港のキャパシティを拡大し、成田空港で補完させても、アジアにおける空港の国際競争という観点では、分が悪いのは確かだ。韓国の仁川国際空港や、シンガポールのチャンギ国際空港、19年9月に開港した北京大興国際空港などの国際線と国内線を集約した巨大国際ハブ空港と比べると、どうしても日本の空港は見劣りしてしまう。

いわゆる国際ハブ空港は、自国を目的地とする旅客だけでなく、そこからさらに第三国に向けて送り出す中継地でもある。そうしたトランジット客は数時間を空港内で過ごす。そのニーズに対応するために、巨大ハブ空港はショッピングや食事、あるいは各種のエンターテインメント機能を備える。

それを空港の国際競争というなら、日本の空港は太刀打ちできない。規模の面だけ捉えても、羽田や成田に限らず、日本の主要空港にとっては、これ以上の物理的な拡張は不可能に近い。

「ハブ機能としては本来24時間化されなければ弱い」(戸崎教授)。運用面でも競争力に欠けるのである。仮に24時間運用にしても、電車やモノレールが稼働していないという人員輸送上の課題を解決するのが次のステップになるだろう。



東京五輪の対策

世界の空港ランキングを見ると、規模面ではアトランタ、ロサンゼルスなどアメリカの空港が上位を占め、エンターテインメント性ではチャンギなどに日本の空港は及ばない。日本の空港が評価されるのは、例えば「空港内の清潔さ」であり、「スタッフのサービス」である。その点で20年の東京オリンピックは、日本の各空港にとって、あらためてサービスの質をアピールするかっこうの舞台となるだろう。一方で、戸崎教授は2つの点で懸念を示す。



「1つは災害対策です。ラグビーのW杯でも台風で試合が中止になりましたが、オリンピックは短期間で行われるので、そのタイミングで天候が悪化したときにどう対応するのかは充分な対策が必要」だという。近年の台風上陸で成田空港も関西国際空港も被害を受け、旅客が足止めされるという影響が出た。もちろん、湾岸空港としての羽田空港も、周到な対策が不可欠である。海外からやってきた人との言葉や文化の違いに対応しながら事態を想定する必要がある。その意味でも、東京オリンピックは、乗り越えなければならない、最初の関門となる。

もう1つ戸崎教授が指摘するのが、プライベートジェットの対応だ。

「オリンピックなどのイベントでは世界からVIPがプライベートジェットに乗ってやってきます。東京五輪では少なくとも2000機がやってくる。それに対して羽田空港のプライベートジェットの発着枠は16しかありません。そのなかで運用しなければいけません。12年のロンドンオリンピックでは4年以上かけて準備をしたと聞いています」

カルロス・ゴーン被告の海外脱出で注目を集めたプライベートジェットはオリンピックでも焦点になりそうだ。

新サービス拡充

羽田空港では利用者の増加を見据え、20年3月からの国際線増便に合わせて現在の第2ターミナルの大改修を行っている。ハード面での整備だけではなく、さらにサービスなどソフト面の向上も急ぐ。

羽田空港の施設管理、店舗運営、飲食店の管理などサービスを提供する日本空港ビルデングではターミナルで働く社員全員に、お客様の案内などの一次対応ができるように簡単な英会話と手話の習得をさせているという。

さらに旅客の利便性と生産性が上がる作業についてはロボットの導入も進める。15年にはサイバーダインなどと提携し、荷物を運ぶ作業支援用ロボットを導入。また、清掃用のロボットなどを導入するなど省力化と清潔性の向上を目的に、応用範囲をさらに広げようとしている。

世界の空港は民営化が1つの潮流になっており、日本の地方空港でも続々と民営化が進む。それに伴い空港の経営は、着陸料を下げて航空会社を誘致して、集客をつのることで、ターミナルでの物販をはじめとするサービス事業で利益を上げ、空港全体を適正なコストで運営することが1つの焦点になっている。それがエアラインを誘致する際のインセンティブにもなる。

戸崎教授は「成田空港の場合、LCCでの滞在時間の長い人を意識して、家電量販店やユニクロなどが入っています。空港だけではなくて、周辺の人たちが来やすい施設をつくる流れは今後も続く」と指摘する。

羽田エリア再開発

羽田空港も通過する場所から滞在する場所にしようと新しいタイプの商業施設の導入には意欲を見せる。すでに空港施設内にはホテルやゴルフラウンジ、貸し会議室、プラネタリウムカフェなどが導入されている。20年3月末から供用開始になる第2ターミナルの国際線施設では、スペースを有効活用するためにデジタル技術を活用した新しい形の免税店もオープン予定だ。

ロボットによる清掃や案内など空港内のサービスを検討する「HanedaRobotics Lab」を開設し、2016年度より活動している。

18年7月には日本空港ビルデングの副社長に、大西洋・前三越伊勢丹ホールディングス社長が就任した。これまでの百貨店事業などでの知見を活かして空港以外での新たな事業展開および利益の創出を目指す。さらに羽田空港を情報発信の拠点として活性化を図ることが大西氏のミッションだ。

日本空港ビルデングの鷹城勲会長兼CEOは「空港というハードを、航空機の離発着だけではなく、羽田空港という立地を活かして業態・業界を超えて使われる施設にするのがテーマです。一例を挙げれば、日本発の技術として期待がかかるロボット産業の展示など、新技術や新しいビジネスのプロモーションを羽田を使って実施する。また、海外へ視点を向ける『教育』も大事だと思っている。空港を起点に、海外で学ぶグローバル人材の育成に関するプログラムなども検討中だ。例えば海外から識者を招き、羽田で講義を受けて、海外で学ぶ意欲を喚起するというイメージ。内向きになっている日本の若者への刺激にしたい」と話す。

また、羽田空港周辺では2つの再開発プロジェクトも進む。京浜急行電鉄・東京モノレールが通る天空橋周辺の第1ゾーンでは、土地を所有する大田区と連携し、鹿島建設、京急、大和ハウス工業なども加わった再開発が進められている。22年をめどに開業する施設はオフィスや商業施設だけでなく、高度医療機能やアートを取り込んだ複合施設になる予定だ。日本空港ビルデングはこちらにも参画する。

また、第2ゾーンは、多摩川を挟んだ川崎市殿町との間が、20年度内に橋梁で結ばれることになっている。第2ゾーンにもまたホテルや商業施設などが開業する見通しだが、橋を渡った殿町でも「キングスカイフロント」と称される複合施設が建設の予定だ。約40ヘクタールにも及ぶこの羽田空港周辺の再開発エリアは、世界水準の研究施設やインキュベーション施設などを取り込み、背景にある大田区の製造機能とも連携しながらオープンイノベーションの拠点となることを標榜している。

羽田空港は今、航空機の離発着だけではなく、このような異業種とも連携した、情報発信拠点として生まれ変わろうとしているのだ。

あわせて読みたい

「羽田空港」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。