記事

【大量閉店】、アマゾン・エフェクトに新型コロナウイルス・エフェクトで15,000店閉鎖!

■ネット通販最大手のアマゾンの時短宅配サービスのアマゾン・フレッシュとプライム・ナウでは、爆発的な需要に追いつけず遅延が発生している。

オンデマンド買物代行&宅配サービスのインスタカートも注文件数が通常の10倍から州によっては20倍にも急伸している。

新型コロナウイルスの感染を恐れる利用者がリアル店舗に行くのを避けて、宅配サービスに殺到しているのだ。

アメリカは先週、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国家非常事態を宣言した。新型コロナウイルスの感染者が増加しているニューヨークでは飲食店や映画館などを閉鎖し学校も休校、郊外の一部エリアは封鎖している。

アメリカは一時的にせよ感染拡大を封じ込めるため全土封鎖も行うかもしれない。

すでにアップルやナイキ、パタゴニアなどのチェーンは一時的な自主休業に入っている。ウォルマートやクローガー等の大手スーパーマーケットチェーンも時短営業だ。

感染拡大によってはアメリカもイタリアやスペイン、フランスに倣い食品スーパーや薬局を除き全店舗の閉鎖を実施する可能性もある。

臨時的にしろチェーンストアが全店舗を休業してしまうと昨年の大量閉店を上回る記録的な店舗スクラップに追い込まれる企業が増えるとの予想がある。

調査会社のコアサイト・リサーチによると今年、最大で15,000店が閉店するとの予測だ。昨年に発表されたアメリカ国内の閉鎖店舗数はトータルで9,300店となっている。

今年は新型コロナウイルスの影響で昨年より60%以上多く閉店に追い込まれるとしているのだ。

コアサイト・リサーチ創業者でCEOのデボラ・ウェインスウィグ氏は「(新型コロナウイルス感染が)長引けば長引くほど店が大量に閉店する」と指摘している。

企業倒産においても再建型の企業倒産処理となる連邦破産法第11条(チャプター11)より、企業精算の第7条(チャプター7)を選択する企業が増えるとの見通しだ。

なぜならコロナパンデミックではお客が店に来ないりか強制的な休業となれば、どんな有能な経営者でも手の施しようがないからだ。

特にひどくなるのはショッピングセンターを中心に出店するアパレルチェーンだろう。

非常事態が宣言された中ではほとんどの消費者がファッショントレンドについて考えを巡らせることはできない。

人との接触を避けようとしている状況ては、流行のファッションや新作のバッグ、おしゃれな靴などはそもそもスルーとなる。

アパレルチェーンの休業が長引けば、売上がない中でコストが増大し、アマゾンエフェクトで弱っていた体力が持たなくなる。

チェーンが自主的に休業する前にショッピングセンターやモールが臨時休業しているのだ。

ニュージャージー州メドウランドに位置する巨大複合施設のアメリカン・ドリーム・モールは3月19日に予定していた3番目となるオープニングフェイズを延期し休業とした。サイモン・プロパティ・グループのモールでも休業にしたところもある。

モール自体が休業ならチェーンストアも手も足も出ない。

 最大で15,000店となる大量閉店なら、チェーンストアも新たな段階に入っていくことになるのだ。

トップ画像:年末商戦時のデルアモ・ファッションセンター。非常事態宣言によりファッションは今、最も求められていない商品だ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。国家非常事態宣言以来、アメリカはパニック状態にあります。テレビニュースやYouTube等のSNSでは、売り場で空になった棚を映しています。数が少ない、手に入りにくいと思うものに、高い価値を感じる希少性の原理も働いて、トイレットペーパーやハンドサニタイザー、食料品などを必要以上に買い占めに走る人も少なくありません。同時に人との接触を避けて、どこにも出かけない人も増えています。

新型コロナウイルスの感染拡大も避けられず町ごと封鎖することもでてくるでしょう。こんなときにファッションでウキウキする気持ちになれませんから、人が集まるモールにあるアパレルチェーンにわざわざ行く人はいません。調査会社コアサイト・リサーチの1万店以上の店舗スクラップ予想まではいかないまでも、感染収束まで持ちこたえられないチェーンが増えてきます。イタリアのように全店閉鎖となり、多くのモールもフォローすれば断末魔の叫びを上げることになります。

 アマゾン・エフェクトに今年は新型コロナウイルス・エフェクトで、大量閉店の記録を更新することになります。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  5. 5

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  7. 7

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。