記事

記者たちも「見られている」……2回目・安倍首相コロナ会見が“少し”変わった理由 首相会見の「内情」を報じた新聞は? - プチ鹿島

 安倍首相による新型コロナウイルスに関する2回目の記者会見(14日)を新聞各紙はどう伝えたか。

【画像】“打ち切り”会見 引き揚げる安倍首相

 各紙一面で共通していたのは「緊急事態の状況でない」(読売)という首相の言葉だった。

3月14日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法を受けて開かれた記者会見での安倍晋三首相 ©︎AFP/AFLO

記者会見の「内情」を報じた3紙

 さらに見ていくと、読売、産経、日経は「追加景気対策を検討」「卒業式 安全工夫し開催を」「大型経済対策に意欲」と淡々と報じたが会見内容に批判的だったのは朝日、毎日、東京。

「首相『寄り添い』アピール 新型コロナ不満払拭を意識」(朝日)

「説明丁寧 新味は乏しく」(毎日)

「核心あいまい 首相会見 国民の不安解消遠く」(東京)

 この3紙に共通していることはもう一つあった。記者会見の「内情」を報じていたのだ。

「会見打ち切りめぐり騒然」(朝日)、「前回批判踏まえ延長」(毎日)、「前回の批判受け延長」(東京)ときれいに揃った。

 私はここに新聞の面白さを感じてしまう。

 というのも前回2月29日の首相会見は質問の挙手をしている人がいたにもかかわらず会見を打ち切ったことに批判が起きた。この批判は「内閣記者会」に対してもあった。予定調和で成立しているのは首相官邸の記者クラブにも問題はあると。

報道室から「各社にどんな質問をするか聞いている」

 朝日、毎日、東京は政府にツッコむが、SNS等ではツッコまれていた立場でもあったのだ。「先進的な」立場を選ぶ以上は自分へのツッコミにも対応しなければいけない。そんな逡巡を行間から感じた。

 なので今回は、

《内閣記者会は「十分な時間の確保」を要請した。》(毎日・3月15日)

《内閣記者会は今回、十分な時間を取り、多くの質問に答えるよう首相側に要請した。》(東京・3月15日)

《13日午後7時半ごろには朝日新聞官邸取材キャップの携帯電話に報道室から電話があり、「各社にどんな質問をするか聞いている」として質問内容を尋ねられた。キャップは答えず、質問が尽きるまで会見を行い、フリーの記者も含めて、公平に当てるよう求めた。》(朝日・3月15日)

 これらの「説明」も紙面でしていたのである。これが朝日、毎日、東京のもう一つの首相会見記事の読みどころだった。意地悪な見方をすれば言い訳である。

政治記者文化を描いた『汚れた桜』

 そういえば毎日新聞の記者たちが出版した『汚れた桜 「桜を見る会」疑惑に迫った49日』が話題だが、これは「新聞論」でもあった。

 官房長官の記者会見で「厳しい質問がほとんど出ない」「質問せずに、ひたすらパソコンを打っている」という批判に政治部の経験がある記者の見解が載っている。

《記者会見などのオープンな場での取材よりも、水面下で入手する独自情報を重視する政治記者の文化だ。》

 つまり、政治家など取材対象の懐にどれだけもぐりこめるか。そこから独自情報をとれるか。オフレコ重視の取材。これは政治部だけでなく警察・検察が相手の社会部も同じ。そのデメリットに政治家や警察に情報をコントロールされるという面がある。自分だけに情報がこないという「特オチ」という恐怖も待っている。

《オフレコ重視の文化がずっと続いてきたのは確かであり、その積み重ねが記者会見の軽視を生み、そして形骸化を生んでいる側面があることは否めない。》(『汚れた桜』)

「キャップ懇談会」の欠席がSNSで話題に

 そんななか、昨年ある晩がSNSで注目された。桜を見る会疑惑がはじけたときの11月20日、内閣記者会に加盟する各報道機関の官邸キャップと首相による「キャップ懇談会」が開かれた。食事会である。情報漏れNGという非公開の場で首相が記者たちにその場で“説明”しようと試みたのだ。

 ここで毎日新聞は「異例の決断」をし、食事会を欠席。実際に首相の声を聞いてみるのも価値があるがその場のことは「オフレコ」。聞いたことを報道できない以上、出席しても意味がないという判断をしたという。

 すると皮肉にも、この事実こそがSNSで注目されて話題になったのである。首相がマスコミを招いて食事会をしたけど毎日新聞は参加しなかったと一部で称賛された。この一件は意識の変化にさらに影響した。

《SNSを通じて読者の反応がリアルタイムで返ってくるため、記者も「見られている」意識をより強く持つようになっているのだ。》(『汚れた桜』)

 なら、当然ながら記者会見も「見られている」意識にますます進むだろう。進まなきゃ困る。

首相会見は「少し」変わった

 そして読者が読みたい切り口を記事にしていち早く配信するデジタル版の方向性の正しさもこの流れにつながる。実際、毎日新聞のデジタル班は何かふっきれたように面白いと最近実感する。桜を見る会は貴重だった、と言える。

 私は現在の新聞報道を「安倍スタジアム」という野球場に例えるなら、一塁側(読売・産経)と三塁側(朝日・毎日・東京)に分かれていると思って読むと面白いと主張してきた。

 しかし一塁側・三塁側にいる記者たちもまた「見られている」のである。

 まだまだ批判も多いが2月29日に比べ3月14日の首相会見は「少し」変わった。こういうスタイルの会見は以前から続いていたが、関心の高い新型コロナウイルスのせいで妙な会見の姿が一般的にも浮き彫りになったのだ。

 そうそう、官邸もSNSなどのネット世論を気にしているという証言をコロナ記事で見かける。今回質問を少し増やしたのもその影響があるに違いない。こちらからの発信はやはり有効なのだ。

 というわけで、首相会見の読み比べから見える「フェーズが“少し”変わった」案件を考えてみました。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。