記事

遠慮は無用

新型コロナウイルスの確認された国・地域は百を超え、感染者は12万人超となりました。日本もWHO(世界保健機構)から「感染拡大の深刻な懸念がある」と、名指しされています。そして、約30か国が日本からの入国の禁止、制限をしています。わが国が汚染国として国際社会から見なされてしまうかどうか、今は瀬戸際にあります。

  最大の焦点は、アメリカの対応です。折しも大統領候補を選ぶ予備選中であり、マスクもつけずにハグしたり握手したりしているニュースを見るたび、各州ごとにクラスター(集団感染)が発生するのではないかと心配になってしまいます。

  案の定アメリカにおいても感染者が急増しつつありますので、より一層水際対策を強化してくる可能性が出てきました。現時点において、アメリカは中国とイラン、英国を除く欧州からの入国を禁止しています。果たして次なる射程に入ってくる国は…。

  トランプ大統領は「イタリア、韓国、日本の状況を注意深く見守っている」とコメントし、日本が入国・渡航制限の対象となる可能性に言及しています。もし、それが現実になれば、他の国々も追随することになるでしょう。わが国が国内対策でどんなに頑張っても効果は減殺されてしまい、日本経済ははかり知れないダメージを被ることになるでしょう。

  3月10日に開催された衆院財務金融委員会において、以上のような危機感を麻生大臣に訴えました。そして、日本の取組をアメリカ側にきちんと説明し、理解を求めていくように政府は全力を尽くしてほしいと要請しました。

  大臣からは要約すると、「まことにごもっとも」「今言われた点を重視して対応している」との答弁がありました。

  翻って国内対策においては、中小企業や個人事業主の資金繰りが急務となってきました。感染の収束の見通しが立たない中、資金繰りに窮して七転八倒している店舗や事業所が続出しています。そこで私は、リーマンショック後の資金繰り悪化による企業倒産の流れに歯止めをかけ、金融機関の貸し渋り体質を一変させた「中小企業金融円滑化法」の復活を提案しました。

  麻生大臣からは金融機関に対して、既往の債務については返済猶予等の条件変更に迅速かつ柔軟に対応すること、新規のニーズに迅速かつ適切に対応すること、条件変更の取組については報告すること等を要請している旨の答弁がありました。そして、中小企業金融円滑化法を復活させるまでもなく、「ほぼ同様の内容を今やらせていただいております」との事でした。

  私は、円滑化法は民主党政権の時につくった時限立法でしたが、遠慮なく活用するように進言しました。安倍政権は今頃になって、野田政権下でまとめられた「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の活用を決めたのですから。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  6. 6

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  7. 7

    学校で感染集団 予防はまだ必要

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  9. 9

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  10. 10

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。