記事

小倉優子、ママタレとしての今後は? それでも盤石の理由


A氏と子供たちと食事を楽しんだ小倉(2018年8月)

 歯科医の夫と離婚危機であることが明らかになったタレントの小倉優子(36才)。インスタグラムでは「夫を支える妻として私の至らない点がありました。今は家族で穏やかに過ごせる日を心から」願うとコメントしたが、夫婦関係を修復できるかは不透明。ママタレとしては今後、どうなるのか?

【別写真】ベビーカーを押すA氏と小倉優子、こんなに仲睦まじい関係だったのに…

 小倉は2011年にカリスマ美容師と結婚し、2人の子供を授かるも、2017年に離婚。子育てをしながらタレント活動を続けていたが、2018年12月に歯科医の男性と再婚し、今年2月27日にインスタグラムで「第3子を授かりました」と喜びの報告をしたばかりだった。

『女性セブン』によれば、夫が小倉に芸能活動をセーブするように迫ったため、夫婦関係が悪化。がまんができず1LDKの新居を飛び出した夫が、弁護士を立てて離婚に向けた話し合いを進める姿勢を見せてきたため、小倉も家族で暮らしていた新居を引き払ったという。

 これに対し、ネットには、

「妊娠中に家出なんてされたらたまらないですよ」
「芸能人と結婚したんなら覚悟しとけよ!」

 と、小倉を擁護する声があがる一方、

「一度の離婚ならまだしも、この短期間に二度の離婚となると、彼女自身にもだいぶ問題があるんだと思う」
「正直、仕事を続けたい気持ちも分かりますが、何かを我慢する必要があったのは小倉さんの方の様な気がします」

 など、小倉に厳しいコメントも多く寄せられた。離婚が決まったわけではないが、「やり直すのが難しいのでは」という意見が大勢を占めている。

 小倉は昨年11月に発表されたオリコンの「好きなママタレント」ランキングで2位に入るなど、ママタレとして確固たる地位を築いているが、今回の騒動はどう影響するのか? 「活躍は難しい」という向きもあるが、番組制作関係者はこの見方に否定的だ。

「テレビ離れが叫ばれる中、今や視聴率のカギを握るのは主婦とシニアです。北斗晶やくわばたりえのように、主婦目線のコメントをするタレントは情報番組には欠かせない存在。その点、もうすぐ3人目の子供が生まれる小倉優子なら“主婦代表”としてうってつけですし、仮にまた離婚しても、シングルで3人の子持ちとなれば、仕事をしながら子育てに奮闘する姿に共感し応援しようという人も多いはずです。しかも彼女はシニアにも知名度がありますから、今回、“復縁”という形になっても離婚という結論になっても、騒動が落ち着きさえすればママタレとして今までどおり声が掛かるでしょう」(番組制作関係者)

 一方、ベテラン芸能記者の石田春男氏は、別の観点から小倉が安泰であると指摘する。

「結論から言えば、小倉のママタレとしてのポジションは揺るがないでしょう。というのも、ママタレ界隈はここ最近スキャンダル続きだからです。

“好きなママタレ”ランキングの上位常連だった木下優樹菜は、タピオカ店の恫喝騒動で休養を余儀なくされましたし、つい先日、第2子出産を発表した安田美沙子は、事務所とのトラブルが発覚し、こちらもしばらく活動が滞りそうです。もちろん、小倉もスキャンダルに見舞われたわけですが、夫婦関係の問題なので、活動休止につながるような話ではありません。昨今、イメージダウンにつながりがちな不倫騒動でもない。

 小倉はもともと、前の夫と離婚後に“シングルマザーとして2人の子を育てる健気なママ”、さらには“長男を有名私立小に入れたお受験ママ”として評価が急上昇し、ママタレとして引っ張りだこになっています。今回の報道で、そういった評価が特段変わるわけではありません。“こりん星”という突拍子もないキャラ設定で厳しい芸能界を渡り歩いてきた彼女なら、再び離婚したとしても、バツ2という要素もしたたかに“商売道具”にしてしまうはずです。

夫側の反論が出てきているので、予断を許さない状況ではありますが、芸能界を長年渡り歩いてきた経験を活かして、今回の騒動もプラスに変えていくはずです」(石田氏)

 かつて、こりん星を“爆発”させるという手法でお姫様キャラを捨て去った“ゆうこりん”。今後、ママタレとしてどんな形で”復帰”していくか注目だ。

あわせて読みたい

「小倉優子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。