記事

3・15を忘れない

新型コロナウイルスの影響で集会は中止となりましたが、忘れてはいけない3・15事件。治安維持法によって多くの国民・日本共産党員が逮捕・投獄されました。その後、多くの党の先輩たちの命が奪われたのです。

 小林多喜二の「一九二八年三月十五日」では、拘置所の壁に「万国の労働者 団結せよ」との文字が刻まれている場面で終わります。いや、終わるというより「続く」のです。残虐な拷問をする特高警察の本質が伝わるほどに、日本社会を変えようという声は広がっていったからです。

 そして2020年の今、日本共産党は政治の舞台で大きな責任を背負う存在となりました。あの当時に党の火種を消していたら、今の日本政治はどうなっていたのでしょう。あらためて歴史を学ぶことと背負うことの大切さを痛感します。

 明日は函館市へ足を運び、新型コロナウイルスの影響調査を中心におこないます。

 【今日の句】次世代へ つなぐ宝を つくらねば

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。