記事

3・15を忘れない

新型コロナウイルスの影響で集会は中止となりましたが、忘れてはいけない3・15事件。治安維持法によって多くの国民・日本共産党員が逮捕・投獄されました。その後、多くの党の先輩たちの命が奪われたのです。

 小林多喜二の「一九二八年三月十五日」では、拘置所の壁に「万国の労働者 団結せよ」との文字が刻まれている場面で終わります。いや、終わるというより「続く」のです。残虐な拷問をする特高警察の本質が伝わるほどに、日本社会を変えようという声は広がっていったからです。

 そして2020年の今、日本共産党は政治の舞台で大きな責任を背負う存在となりました。あの当時に党の火種を消していたら、今の日本政治はどうなっていたのでしょう。あらためて歴史を学ぶことと背負うことの大切さを痛感します。

 明日は函館市へ足を運び、新型コロナウイルスの影響調査を中心におこないます。

 【今日の句】次世代へ つなぐ宝を つくらねば

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。