記事

フランス人がいくら電車が止まっても駅員を怒らないワケ

1/3

昨年末、フランスでは47日間も交通ダイヤが乱れ続けた。原因はフランス国鉄のストライキ。市民はたいへんな不便を強いられたが、ストを支持する声は多く、駅員を怒るような様子はみられなかったという。フランス在住のライター髙崎順子さんは「背景にはフランスの徹底した道徳教育がありそうだ」という――。 フランス全土で大規模ストライキが実施される中、旅行者で混み合うパリのリヨン駅(フランス・パリ、2019年12月20日)
フランス全土で大規模ストライキが実施される中、旅行者で混み合うパリのリヨン駅(フランス・パリ、2019年12月20日) - 写真=AFP/時事通信フォト

■過去最長ストでパリ市民の通勤通学は大混乱

フランスの12月は通常、心浮き立つ祝祭の季節だ。週末にはイルミネーションで輝く街へ繰り出し、家族で過ごすクリスマスのため、貯金をはたいて贈り物やごちそうの品を買いそろえる。ところが昨年は違った。12月5日、全国一斉に始まったゼネストで公共交通網がストップし、市民の生活に大影響を及ぼしたのだ。

原因は、エマニュエル・マクロン大統領が任期中の重要政策と掲げる年金制度改革法案。独特の年金体系を持つ鉄道・バス、学校、病院、文化施設などの42の関連職種を一般年金制度に統合する方針で、受給年齢の引き上げを始め、受益者にはマイナスな変化も多い。改革に反対する職種の労組が連携し、大規模なストとなった。

特に首都パリでは地下鉄や郊外列車に「運行ゼロ」の路線がいくつも発生し、数少ない運行車輌に乗客が殺到。通勤通学を大混乱させたストは47日間継続し、労組最強とも言われるフランス国鉄をして、過去40年間の最長記録を更新した。

■パリ市民「おかげでダイエットできた」

多くのパリ市民は改革と関わりのない職に就いており、この47日の間、通勤通学や買い物にかなりの不便を被った。しかし興味深いことに、暴動や大きな混乱は起こらなかった。

もちろん彼らも不満がなかった訳ではない。期間中は「C’est la galère!(ああもう大変!)」の慣用句があいさつ代わりになるほど文句ブゥブゥだったが、最後にはみな「スト権は大切だから」と、状況を受け入れていた。移動手段を自転車や徒歩に切り替えて「おかげでちょっとダイエットできた」「いい運動になってるよね」と効能を認めたり、大混雑のバスや駅構内で譲り合い・助け合い精神を発揮したり……と、その適応力は「お見事!」と言いたくなるほどだ。

筆者自身も、1時間1本に減らされたバスを逃して途方に暮れていた時、見ず知らずの女性の車に拾ってもらったことがある。安全に配慮しながら可能な時は人を乗せている、困った時はお互いさま、と、女性は軽快に笑った。

「これは必要な戦いだしね。私は民間企業勤めで、激しいストや抵抗はできない。その分『彼ら』が、権利を守る共和国市民の姿を貫き通してくれている。その意味でリスペクトしているんです」

パリのクリスマス
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/FelixCatana

■ストライキの権利を「道徳の授業」で習う

ストの意義に賛同する言葉は、他にも至るところで耳にした。職も立場も生活環境も違う、見知らぬ他者への連帯感のようなもの。それを銀行員もタクシー運転手もメーカー勤務も大学教授もエッフェル塔の受付係も、幅広く共有している。それはフランス在住20年目の筆者にも、改めて印象的な光景だった。

国民の多くがそろってスト権を理解し、とばっちりのような不便な状況を、粛々と受け止めている。個人主義をよしとし、利己的とも揶揄されるフランスでだ。一方、筆者の母国の日本ではそもそもスト自体が稀で、小規模のデモ行進にすら、怪訝そうな視線が投げられてしまう。そこで育った目と感覚には、ストを巡る現象は不思議に映った。なぜフランスの人々は、そのようにできるのだろうか。

「だって、学校で習うから」

ふと疑問をこぼした時、フランス生まれ・フランス育ちの家人から返ってきた答えは、拍子抜けするほど単純だった。スト権もその重要性も、他者の主張をリスペクトすることも、全部学校で習う。そのための授業がある。小学校から高校まで、国の学習指導要領が指定しているEnseignement Moral et Civique(道徳・公民)という教科だ、と。

筆者にも日本での小学校時代、道徳の授業はあった。しかしそれは「お友達と仲良くしましょう」「お年寄りを大切にしましょう」「動物をかわいがりましょう」という、どこかふわっとした「善行」を学ぶ時間だった。そこで、スト権を学ぶ……フランスのそれは、大きく様子が違うらしい。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  5. 5

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  7. 7

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  8. 8

    「LGBTで滅びる」削除要請に非難

    女性自身

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    ANA 5000億円規模の最終赤字に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。