記事

キッチン用エタノールのコロナウイルス消毒効果:科学的に証明されていない⇒「不正確」 ~SFSSがキッチン用エタノール製剤の消毒効果をファクトチェック!~

1/2

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についてWHOが「パンデミック」を宣言したこと、日本国内でも休校・イベント自粛・テレワークなどの緊急事態措置が実施されても、感染拡大の終息がなかなか見えてこないことなどから、いまだワクチン・治療薬・簡易診断法がない未知の感染症に対して国民の不安は収まらないところだ。

 そんな市民の不安に答えるために、NHKが新型コロナウイルスに関するQ&AをWEB掲載しているのだが、そのうちのひとつをご一読いただきたい:

◎「Q&A:新型コロナウイルス対策 あなたの疑問に答えます」
 NHK 2020年2月26日

 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200226/k10012302901000.html

―――――――――――――――――――――――
Q:キッチン用エタノールは消毒効果ある?
手洗いに使う消毒液の代わりにキッチン用のエタノールを使っても消毒の効果はあるのでしょうか。
A:効果の科学的証明はされていません
エタノールはアルコールの一種で、手や指の消毒に使われる市販の消毒液は濃度が80%程度のものが多くなっています。

日本環境感染学会の菅原えりさ理事によりますと、キッチン用のエタノールは、濃度が50%ほどのものが多く、現時点ではコロナウイルスへの効果があるか、科学的には証明されていないということです。

ただ、身の回りの掃除などで使う場合はエタノールを吹きかけるだけでなく、布で拭き取ることが重要だということで、濃度が50%程度の製品でも、何もしない場合に比べて有効である可能性があるということです。
―――――――――――――――――――――――

これに対して、実際市販のキッチン用エタノールを製造販売しているフマキラー社より、反論のリリースが発信された:

◎「キッチン用エタノール」報道に対する当社見解
 NEWS|フマキラー製品情報サイト 2020.03.09
 https://fumakilla.jp/news/2050/

以下、フマキラー株式会社の見解からの抜粋:

>「キッチン用エタノールは、疾病の予防を目的としたものではありませんが、少なくとも当社が製造する製品につきましては、新型コロナウイルスと同じ構造を持つネコ腸コロナウイルスへの不活化試験を外部試験機関(一般財団法人北里環境科学センター)にて実施し、その効果を確認しております。従いまして、「キッチン用エタノールのコロナウイルスへの効果は科学的に証明されていない」という主張は、この試験結果とは全く相入れないものです。

―――――――――――――――――――――――

 現在、新型コロナウイルスの感染予防に関して市民がいろいろな対策を講じるなかで、手指用のアルコール消毒剤が品薄となっていることを考えると、キッチン用エタノールも効果が期待できるのであれば、その使用を妨げるような学術情報が事実かどうかの検証が必要と考えた。SFSSでは、上記NHKのQ&Aにおいて、以下の言説を対象としてファクトチェック(事実検証)を実施した:

Q:キッチン用エタノールは消毒効果ある?
A:効果の科学的証明はされていません。
キッチン用のエタノールは、濃度が50%ほどのものが多く、現時点ではコロナウイルスへの効果があるか、科学的には証明されていないということです。

 なお、SFSSファクトチェックの運営方針・判定基準はこちらで参照されたい。SFSSのファクトチェック運営方針は、ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)のファクトチェック・ガイドライン(2019年4月2日改訂)に準拠して作成したものだが、その判定基準(レーティング)についてはFIJガイドラインと若干異なるので、SFSSのファクトチェック判定基準表を以下に示しておく:

<SFSSファクトチェック・判定(レーティング)基準表>

エビデンスチェック その1

 上記の疑義言説のなかで、まずは「濃度50%程度のエタノールはコロナウイルスに対しての消毒効果が科学的に証明されていない」というコメントについて、科学的エビデンスを調査することとした。ウイルス研究者で感染症予防に詳しい麻布大学客員教授の野田衛(のだ・まもる)先生にインタビュー取材した内容は以下のとおりだ:

Q(SFSS):50%以下の濃度のエタノールで、新型コロナウイルスを不活化できるか?

A(野田): 新型コロナウイルスを含むコロナウイルスに対する50%以下の濃度のエタノールでの不活化効果は現時点で不明だが、他のウイルスでは30~50%程度の濃度を長時間作用させることで不活化効果が認められている。従って、条件次第では50%以下の濃度のアルコールでも、コロナウイルスを不活化できる可能性はある。

なお、現時点での科学的エビデンス情報を具体的に箇条書きとしていただいた:

  • 新型コロナウイルスを用いてのエタノールの不活化効果に関する報告は見られない。(今後、近いうちに報告されると思われる)
  • 新型コロナウイルスと同じコロナウイルス科のウイルスについては、62%エタノール、1分間の作用で、2.7log(マウス肝炎ウイルス)、4log(ブタ伝染性胃腸炎ウイルス)の減少が報告されている。
  • コロナウイルス以外の各種のウイルスでは50%以下(30~50%程度)の濃度のエタノールでも不活化効果は報告されている。しかし、作用時間は長くする必要がある(50%で10分~1時間)。
  • 消毒剤による不活化効果は、一般に、試験するウイルスの種類と量、作用時間および環境(液体/乾燥、有機物の負荷の有無等)に依存する。
  • ㏗を調整したり、アルコール溶液に不活化に有効な成分を加えることで、不活化効果が高まる場合がある。

*いろいろな濃度のエタノールの各種コロナウイルス、ならびに他のウイルスに対する不活化効果のまとめは、以下のとおり:

<各種ウイルスに対するエタノールの不活化効果のまとめ(提供:野田衛先生)>



あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  5. 5

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  6. 6

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  7. 7

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。