記事

オリンピック開催時期の変更の提案は、東京都が責任を持って行うのが筋

オリンピックの中止はないが、開催時期の変更はあってもいいと思う。

ギリシャで聖火リレーが中止されたくらいだから、当初の予定通り7月に東京でオリンピックを開催することは相当難しくなっているということだろう。

予選会を中止せざるを得なくなった種目もあるくらいだから、ここは柔軟に対処された方がいいはずだ。

中止はなくても、開催時期の変更はあってもいいはずである。

マラソンについてはIOCが一方的に開催会場の変更を言ってきたが、オリンピックの開催自体については開催都市である東京都が主体的に進める必要がある。

小池都知事の政治的手腕が問われている。
大変な難問だと思うが、小池都知事が先頭に立って関係方面への根回しに動かなければ、いい結果は出そうにない。

少なくとも、都知事選挙が始まる数か月前には結論が出ていたほうがいいはずだ・・・。

あれっ、どうやら今がその時のようである。

これは随分忙しいことになった。
大変だが、何とかするしかなさそうである。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。