記事

著名人の炎上でスッキリする人は「本当の問題」に気付いていない

1/2

インターネットは情報流通を自由にした。一方、私たちの「考える力」はそれにあわせて高まったのだろうか。新著『遅いインターネット』(幻冬舎)で、「いまのインターネットは、速すぎる」という問題提起をした批評家の宇野常寛さんに聞いた——。(前編/全2回)

宇野常寛さん
撮影=プレジデントオンライン編集部

FacebookやTwitterに反応のタイミングを支配されている

——宇野さんはウェブマガジンに掲げた「遅いインターネット宣言2020」の中で、「いまのインターネットは、速すぎる」と書かれています。いつごろからそう感じていたのでしょうか。

この計画を思いついたのは2年ほど前です。この「遅いインターネット宣言2020」には、「『遅いインターネット』計画とは、このウェブマガジンを中心とする『読む』楽しさを取り戻すためのメディア運営と、少し前から僕が始めている『書く』ことを学ぶワークショップ(PLANETS CLUB)とをあわせた運動」と書きました。

ただ、最初にやろうと思ったのはウェブマガジンのほうだけで、ワークショップのことは考えていませんでした。それが、2年間の試行錯誤の中でただ良質なメディアをつくるだけではいけないんじゃないかと思うようになって、今のかたちに落ち着きました。

いまのインターネットは僕は「速すぎる」と感じています。もちろん、「速さ」はインターネットの最大の武器の「ひとつ」です。しかし、ほんとうにそれだけなのかなという疑問が湧いてきたんですね。

宇野常寛『遅いインターネット』(幻冬舎)
宇野常寛『遅いインターネット』(幻冬舎)

インターネットが僕たちに与えてくれた自由って、物事に対する「距離感と侵入角度」の自由だと思うんですよ。世界中のどこからでも、いつ何時でも自由に情報に接することができる。そして接した情報に、いつ、どのようにリアクションしてもいいはずです。

ところが、今のインターネットはそうなっていない。フェイスブックやツイッターなど、グローバルなプラットフォームにいつの間にか、僕たちは情報技術に対する距離感や進入角度を、そして「速度」を決定されている。その結果、タイムラインの潮目が変わるリズムに、情報摂取や反応のタイミングを支配されてしまっている。そうなると、情報の質はどんどん低くなり、僕たちも考える力を失ってしまう。

いまのネット社会はみんなで集団リンチの快楽を貪っている

いまのインターネット社会は、ひとつのムラ社会になっていて、週に一度「生贄(いけにえ)」を決めて石を投げて、みんなで集団リンチの快楽を貪っているわけです。そして、そのムラ社会の中で、「生贄」に対して一番うまく石を投げた人が座布団をたくさんもらえる大喜利のようなものが進行している。こうした閉じた相互評価のネットワークの中でいじめ大喜利ばかりやっていると、どんどん情報の質も、ユーザーの質も低くなってしまう。

先日の「あいちトリエンナーレ」の問題も、表現の自由や地方アートのあり方といった本質的な問題よりも、誰それが左派のヒーローになるのが気に食わないとか、このエリアのボスは知事なのか市長なのかはっきりさせたいという人間関係の問題が先行してしまう。誰がこの問題によって株を上げて、下げるのかという問題のほうが大きくなって、相対的に本来の問題を覆い隠してしまい、状況が混乱していったわけです。

こんなことばかりやっていると、メディアや言論人はタイムラインの潮目を読んでどう反応すればフォロワーや閲覧数が増えるかしか考えなくなるし、一般のユーザーも潮目を読んで、いま「叩いてもOK」な人を叩いて自分は「まとも」な側だと安心したい、「スッキリしたい」という気持ちが先行してしまう。その結果、タイムラインの潮目ばかり気にして、情報そのものを吟味しなくなる。

AにつくかBにつくかだけを考えて、情報そのものの信憑性や背景となる知識について調べ、内容を吟味しなくなる。これが「速すぎる」インターネットの弊害です。

人々は今、読むことより書くことに関心がある

だから僕は、「人々に書かせるのではなく、もう一度読むことに立ち戻らせたい」と考えた。それがこの計画のそもそもの始まりでした。

インターネットの速すぎる回転に巻き込まれないように、自分たちのペースでじっくり考えるための場を作る。僕は「Google検索の引っかかりやすいところに、5年、10年と読み続けられる良質な読み物を置く」と言っています。

ただ、考えるうちに、僕がいくらフェイクニュースやネットリンチの弊害を訴えたとしても、当たり前のことですがそれだけでは人々の発信したい欲望は止まらないだろうと思ったんですね。人々は今、読むことより書くことに関心がある。それを僕は嘆かわしいと思っているけれど、そんな個人の趣味判断や美学を超えたところで、人々の欲望は発信する側に傾いている。

であれば、そこに対して戦略的にコミットすることは避けられない。良質な記事を読ませるだけでなく、良質な発信のために書く能力を共有することも同時並行で進めないと、この運動が世の中にポジティブなものを残すことはできないんじゃないか。そう思ったんです。

そこで「読む」に加え、「書く」については僕たちがこれまで身につけてきた発信のノウハウをワークショップで人々と共有していく。この両輪を回す方向に舵を切りました。

ネットとの「距離の取り方」をコントロールできていない

——「書く」というスキルは広く必要になるということですね。

インターネットを通じて不特定多数に情報を発信するスキルは、僕らのようなメディアに関わる人間や企業で広報関係の仕事に就いている人たちだけでなく、これからはあらゆる人にとって必要になるはずです。すべての人がネットワークにつながれている時代には、すべての人が物書きであり、発信者になるわけですから。

しかしこのあたらしいタイプの「物書き」には編集者がついていないので、結果的にフェイクニュースを拡散したり、不毛なバッシングに加担してしまっている人が増えてしまった。インターネットとの「距離の取り方」をコントロールできていないわけです。だから僕たちが物書きや編集者として培ってきたノウハウを今の時代に合う形でアップデートし、人々と共有したいと考えました。

——「書く」ことを学ぶワークショップとはどういう内容なのですか。

今年1月から開校した「PLANETS School」は1年間のカリキュラムです。講師は僕一人。さまざまな講師が登壇するのではなく、「宇野がこれまで身につけてきた〈発信する〉ことについてのノウハウを共有する講座」です

積極的に学び合いたいという500人弱のメンバー

僕らは2018年から「PLANETS CLUB」という読者のコミュニティを運営しています。「PLANETS School」の始まりは、そのメンバーを対象とした勉強会でした。「PLANETS CLUB」は月1回の定例会と各種の勉強会を中心としたコミュニティで、積極的に学び合いたいという500人弱のメンバーが集まっています。

読者コミュニティ「PLANETS CLUB」の3月の内容
読者コミュニティ「PLANETS CLUB」の3月の内容

このコミュニティには手応えを感じていました。とても雰囲気がいいんです。メンバーは業界のゴシップなんかには全く興味がない。それぞれの思想信条や趣味判断がありつつも、それはいったんカギカッコに入れて学びに来てくれる柔軟性もある。

ただ、メンバーと接しているうちに、「情報を発信したい」というニーズがあることがわかってきました。そして僕らとしても、もう少しアクティブにノウハウを共有すれば、もっと面白いことになりそうだ、という気持ちが生まれてきた。

この試みに爆発的な広がりがあるとは思っていません。それで僕は構わない。近い距離感で向き合えるコアな読者と関係が築けたからこそ、その延長線上で一歩を踏み出すことができたわけですから。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  3. 3

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  5. 5

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  6. 6

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  7. 7

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  8. 8

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  9. 9

    自民党内で広がる石破茂氏推す声

    SmartFLASH

  10. 10

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。