記事

ほう、共産党が大人になったぞ

共産党が一皮剥けたようである。

共産党の国対委員長と自民党の国対委員長が会談し、総理と各党党首との再会談の開催について話し合うようになった、というのだから、共産党の国対も自民党の国対も変わったものだ。

保守層から蛇蝎のように嫌われていた観のある共産党だが、最近の共産党はやはりかつての共産党とは違ってきているようである。

共産党が補正予算案の策定に実質的に関与しようとして政府や与党に接近し始めている、というのが実に面白い。

共産党が、実現性のある経済政策を提案出来る政策政党に脱皮しつつあるように見えるところがいい。
革命路線を追求しようとしている方々からすると如何にも共産党が堕落したかのように見えるかも知れないが、共産党が現実路線に転換したのであれば、これは評価すべきだろうと思う。

経済政策について共産党の主張や政策を100パーセント実現することなど不可能だということは、皆さん、よくご承知のはずである。
経済政策について政府与党と協議しようとすれば、当然、どこかで妥協しなければならないことが多くなる。

共産党が、与野党の党首会談の再開を提案するようになった、ということは、経済政策については妥協することも厭わない、ということだろう。

共産党の変身が本物であれば、共産党はいずれ手強い存在になるはずだ。

新型コロナウィルスが既成政党の垣根を壊しつつある、ということの一つの証左かも知れない。

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  5. 5

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  6. 6

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  7. 7

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。