記事

東出昌大が公の場登場へ マスコミ集結で一触即発の事態勃発か

不倫騒動渦中にある俳優の東出昌大(32)が3月17日、ドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」(豊島圭介監督、20日公開)の公開直前トークイベントに登場することになった。13日に映画配給元から報道各社へ取材案内が送られ、東出は豊島監督と2人でトークを行うという。

騒動勃発後、初めて公の場に姿を見せる東出。そこでの発言に注目が集まっている。

「もともと一般客を入れて試写会、その後にトークイベントを行う予定でした。しかし新型コロナウイルス感染拡大予防のため、当日は報道陣を呼び込んでの取材のみ。つまり客席にいるのは報道陣ばかりで、さながら『東出昌大vsマスコミ』といった構図。イベント中は騒動について触れなかったとしても、退場時に報道陣が殺到する一触即発の事態になるでしょう。そこで初めて、自分の言葉で騒動について触れる可能性があります」(ワイドショー関係者)

東出は1月23日発売の「週刊文春」(文芸春秋)で唐田えりか(22)との不倫によって妻の杏(33)と別居状態にあると報じられた。

東出の事務所は謝罪コメントを発表したが、本人の口から公の場で語られたことはいまだにない。

そんななか、イベント出演が決まった東出。何よりも胸をなで下ろすのが、別作品の関係者たちだという。

「東出さんは、5月1日に映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開を控えています。これからプロモーションをこなすことになりますが、もし同作のイベントが初登場だったら映画宣伝どころではなくなっていたはず。そのため関係者たちは『うちが初登場の場じゃなくてよかった』とひと安心しています」(映画業界関係者)

17日のイベントで、東出からいったいどんな“第一声”が出るのだろうか。

あわせて読みたい

「東出昌大」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  10. 10

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。