記事

《皇宮警察わいせつ体質がまた発覚》那須御用邸で「男女4人の護衛官がみだらな行為」 天皇が静養されるやんごとなき場所で… - 朝霞 保人

 宮内記者会に加盟するマスコミ各社は3月10日、テレビやウェブサイトで「皇室の護衛や皇居の警備を担う皇宮警察本部で、警察学校の校長らが懇親会などの席で未成年の皇宮護衛官らと繰り返し飲酒していたことが分かった」などと一斉に報じた。

【画像】”事件”が起きた那須御用邸


皇宮警察の年頭視閲式/学校部隊 ©時事通信社

校長ら約30人を処分する方針

 皇宮警察関係者が語る。

「パレスホテル東京にほど近い皇居・大手門を入って左手にある皇宮警察学校は、採用されたばかりの皇宮護衛官が、警察内部で『警衛』と呼ばれる皇室警備の知識を学んだり訓練を受けたりする教育機関です。毎年、高卒で採用された未成年の皇宮護衛官も入校しています。皇宮護衛官として採用されると、大卒は6カ月間、高卒では10カ月間、皇宮警察学校に入校することになります。

 皇宮警察本部では1月に内部からの指摘で調査を始め、関係した幹部や護衛官らから聞き取り調査を行うなどして事実関係を確認しました。皇宮警察本部は警察庁の附属機関で、47都道府県の警察本部に続く『48番目の警察本部』などとも呼ばれます。今回の不祥事に関しては、皇宮警察本部が校長ら30人を処分しています」

 このニュースを巡り、ネット上などでは「警察が法律破っちゃダメでしょ」「無理に飲ませていたのなら完全なパワハラ」などの意見がある一方、「大学の新歓コンパなんて昔からあるし、選挙権が18歳まで引き下げられたのに、そんなに目くじら立てることか?」といった声があるなど反応はさまざま。

ハレンチな不祥事が続々と……

 ただ、皇室周辺の取材を長年続けてきた経験から気になったのは、むしろ未成年の飲酒よりも、「ほかにも、那須御用邸の施設で男女4人の皇宮護衛官が飲酒後にみだらな行為に及んでいた」「また、天皇ご一家の護衛に当たる男性皇宮護衛官が2月、スキーの訓練のため新潟県に出張していた際に宿泊先で入浴中の同僚の女性皇宮護衛官をのぞき見していた」というハレンチな内容だった。

緊張感を失っている皇室警備の現場

「天皇・皇后両陛下は長女の愛子さまとご一緒によく長野へスキーに行かれます。そうしたこともあって訓練が行われているわけですが、なんとも情けない不祥事です。昭和の時代は共産主義革命の実現を掲げてテロやゲリラ事件を繰り返していた極左過激派集団の活動が活発で、反天皇制を掲げる極左を相手に皇宮警察も常に緊張を強いられていました。

 しかし、平成に入り、冷戦が終結して極左の活動が下火になると、皇室警備の現場も徐々に緊張感を失っていったように思います。もちろん多くの皇宮護衛官は使命感に燃え、任務に当たっていますが、OBの方々からは『昭和の時代と比べるとかなり緩んでいる』というご指摘があるのも事実なのです」(前出・皇宮警察関係者)

女性護衛官が上司から胸をもまれるという“わいせつ事件”も

 皇宮警察では2002年1月に吹上護衛署(編注・警察署のこと)の女子更衣室から部下の女性護衛官の下着を盗んだとして、警部補が処分されているほか、2003年6月にはJR総武線の電車内で30代の女性会社員に痴漢をしたとして、巡査部長が処分され、2004年7月には都内のビデオ鑑賞店からアダルトビデオ(AV)10本を盗んだとして、巡査長が処分されており、ハレンチな不祥事は以前からあったのも事実だ。ただ、警察組織の中ではむしろ少ない方だという印象だった。

「実態はそうではありません。皇宮警察では2005年10月から06年6月にかけて、警察学校を出たばかりの女性護衛官が40代後半の上司から数回、胸をもまれたり、執拗にメールを送られたりするセクハラ事案があり、この上司は07年3月29日付で6カ月間の減給処分を受けています。この不祥事は、『週刊新潮』も2007年4月26日号で『「皇宮警察」が必死で隠蔽する「乳もみセクハラ」事件』として報じています。48番目の警察本部と言っても、皇宮警察本部の警察官(皇宮護衛官)の定員はわずか896人です。

 47都道府県の警察本部の中で際立って定員が少ない鳥取県警でも1231人、これに次ぐ島根県警は1512人です。規模が小さいから目立たないだけで、ハレンチな不祥事はやはり、体質的にむしろ多いという印象です。また、女性の社会進出が進む中、警察組織にも女性は増えてきていますが、皇宮警察ではほかの警察本部と比べて女性の比率が高く、およそ1割を女性が占めています。ですからその分、組織内での女性関係のトラブルも少なくはないのです」(同前)

閉鎖的な環境で足の引っ張り合い

 皇宮警察は組織が小さいことから、皇宮護衛官は必然的に“狭い世界"で生きていくことを強いられる。人間関係も濃密で閉鎖的な環境にある。不祥事も、身内の足の引っ張り合いや嫉妬、報復といった内部通報で発覚するケースが多く、今回の未成年飲酒問題のみならず、先述したセクハラや下着ドロもこうした経緯で発覚している。

「実は、以前はセクハラの噂をよく耳にしたものです。東京ドーム約25個分といわれる広大な皇居の中は宮内庁職員と皇宮警察職員以外は普段、ほとんど人通りがありません。都心のど真ん中にありながら、夜になれば野生のタヌキやハクビシンが通りを悠然と横断する姿が見られたりもします。

 そんな誰も人が通らない場所にポツン、ポツンと警備派出所が点在していますが、“派出所”とは名ばかりで、皇居の中のものは大臣ら要人宅前に置かれるポリスボックスのような小さなものです。そこで1人で立番をしている女性護衛官のもとを訪れた上司が押し倒そうとしたりキスしようとしたりしたといった噂を聞いたことも何度かありました。皇宮警察内部のハレンチな体質は今に始まったことではないのです」(同前)

 未成年飲酒問題が前面に出たことで、ハレンチ事件の印象は一般には薄いのかもしれない。しかし、皇室の弥栄を下支えするはずの警察組織の実態がこんな体質なのだとすれば、早急かつ抜本的な改革が必要と言わざるを得ないだろう。

(朝霞 保人/週刊文春デジタル)

あわせて読みたい

「警察不祥事」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。