記事

オリンピックの開催は、WHO次第ということになったようだ。大変だが、何とかなるだろう

カナダの首相夫人が新型コロナウィルスに感染され、首相が自らの隔離措置を実施しなければならなくなっているとか、アメリカがイギリスを除くEU諸国全域からの入国を制限しなければならない状況に追い込まれており、新型肺炎による死者の数が世界の各地で増えている、などという現下の状況を踏まえると、本年7月のオリンピック開催が相当困難になっていることは、客観的事実として認めざるを得ない。

IOCのバッハ会長が、オリンピックの開催はWHO次第だ、と発言したようだが、パンデミック宣言に踏み切ったばかりのWHOが7月のオリンピック開催についてそうそう簡単に安全のお墨付きを与えるとは考え難い。

少なくとも、これから1か月は、開催するかしないかハラハラドキドキの日々を過ごさざるを得ないのだろう。

幸い、今の東京も日本も、政治的には他の国々よりも安定している。
多分、6月の東京都知事選挙もそう大した波乱なく乗り越えることが出来るはずである。
国会は、実質上休戦状態になるはずだから、当分波乱はない。

オリンピックの開催が延期になっても、それだけで日本の政治が大混乱に陥るようなことはなさそうである。

東京都は、かつて世界都市博覧会の開催を中止したことがあった。
当時の事務方のご苦労はさぞ大変だっただろうが、それでも何とか凌いできた。

幸いオリンピックは、開催時期を変更しさえすれば、開催そのものは出来るようである。

もはや、決定権は東京都にも日本政府にもない。
その時はその時のこと、として、今は、あらゆる事態に対処出来るよう体制を整えておくことが望ましいはずだ。

どういう結論になっても、東京都も日本も何とか堪えることが出来る。
私は、そう信じている。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  9. 9

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  10. 10

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。