記事

性的暴行の父に逆転有罪

2017年に愛知県で抵抗できない状態の19歳の実の娘に性的暴行を加えたとして、準強制性交罪に問われた被告の男(50)の控訴審判決で、名古屋高裁は、昨日12日、無罪とした一審名古屋地裁岡崎支部の判決を破棄、娘が抵抗が著しく困難な「抗拒不能」の状態だったと認め、一審の求刑通り懲役10年を言い渡しました。

昨年3月の一審判決と同じ時期に、性被害を巡って無罪判決が相次ぎ、性暴力を撲滅しようと訴える「フラワーデモ」が各地で開催されるきっかけになりました。

判決の骨子は、〇一審無罪判決を破棄、被告は懲役10年 〇女性は当時、抵抗が著しく困難な「抗拒不能」だった 〇性交は意に反するもので、女性は継続的な性的虐待の過程で抵抗する意欲や意思をなくした 〇女性の受けた精神的苦痛は加害者が実父であることから、極めて甚大で深刻、というものです。

「抗拒不能」とは、難しいことばですが、身体的または心理的に抵抗することが著しく困難な状態。準強制性交罪は、性行為への同意がなく、「心神喪失もしくは抗拒不能」により抵抗できなかった状態であることが成立要件となっています。

この認定が、無罪判決が出る要素になっているので、フラワーデモでは、女性たちが刑法改正の見直し期間3年目の今年、その見直しも求めています。ようやく頷ける判決が出て、よかったと思っています。

被害女性は、無罪判決が出てから1年、「今日の判決が出て、やっと少しホッとできるような気持ちです」と述べています。

弁護士が読み上げたコメントでは、「次第に私の感情もなくなって、まるで人形のようでした。」「被害を受けるたび、私は決まって泣きました。「私はまだ泣ける感情が残っている」ということ、それだけが唯一の救いでした」「行動に移すまでにいろいろな支援者につながりました。しかし、「本当にこんなことがあるの?」と信じてくれる人は少なかった」「信じてもらえないつらさを、これから救いを求めてくる子どもたちには、どうか味わってほしくありません」と訴えていると報じられています。

今回の高裁判決では、一審判決について、「父親が実の子に対し、継続的に行った性的虐待の一環だという実態を十分に評価していない」と批判しています。また、量刑理由では、父親について「実の娘を性欲のはけ口としてもてあそんだ卑劣な犯行」と述べています。

良識的な判決に、救われる思いです。名古屋高裁前には、判決があった昨日、性暴力を受けた人など約40人の女性が花束などを持って集まり、逆転有罪判決が伝わると拍手が起き、涙ぐむ人もいたそうです。こうした良識的な判決が、判例となり、さらに不同意の性交は罪になるよう刑法も改正されて、性暴力にあう女性がいなくなるよう願っています。

あわせて読みたい

「性的虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  6. 6

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。