記事

高輪ゲートウェイ駅開業でメディア人が注目する「ある問題」

1/2

[画像をブログで見る]

実に49年ぶりに新駅が開業

 東京の主要交通機関のシンボルといえるJR山手線の新駅・高輪ゲートウェイ駅。

 いよいよ3月14日(土)にオープンする。

 先日、報道陣に一足早く公開されて、その写真や映像がニュースになった。

 この新駅のセールスポイントは「未来の駅」だという。最新の技術が数多く使われ、QRコードで通過できる最新型の改札やAI(人工知能)で周囲の施設や乗り換えなどを案内するシステムも試験導入されるという。

 日本経済新聞デジタル版は動画付で伝えている。

無人コンビニはこれまで赤羽駅(東京・北)などで実証実験をしたが、常設の店舗は初めてになる。カメラが商品を自動で認識し、利用者は「Suica(スイカ)」など交通系ICカードを使って簡単に決済できる。

出典:日本経済新聞(3月9日)

注目される無人コンビニ

 この「無人コンビニ」の存在が新駅の最大の特徴といってもいいようだ。

 ITmediaビジネスオンラインは以下のように詳しく、無人コンビニの仕組みについて記述している。

「高輪ゲートウェイ駅」では、人工知能(AI)を活用して無人決済ができるコンビニエンスストアがJRとして初めて実用化される。さらに、自律走行で警備に当たるロボットやQRコードをかざして通過する形式の改札の実証実験を行うなど、新たな試みが続々と実践される。JR東日本は同駅をグループが開発する最新技術をアピールする「ショーケース」としたい考えだ。

 AIによる無人決済ができる店舗名は「TOUCH TO GO」(タッチ・トゥー・ゴー)。新駅開業後の23日に開店し、午前6時から午前0時まで営業する。

 「入る。とる。でる。」のキャッチフレーズ通り、利用客は店内に入ると、ほしいものを取って、店内に設置された画面に商品が一覧表示されるのを確認した後、Suica(スイカ)など交通系ICカードを別の専用機器にかざして決済して、店舗を出る。  

 AIが搭載された約50個のカメラセンサーが、店内に入る人の動きや商品の位置を捉えることで、買い物客が手に取った商品を自動的に認識する仕組みだ。

 システムを開発したJR東の系列会社の阿久津智紀社長は「JR東の駅はもちろん、店員を置けない地方の小売店などに提供したい」と語った。カメラは店内の人の動きを正確に追跡するため、万引など不審な動きも警戒しているという。

出典:ITmediaビジネスオンライン

 最先端の技術の粋を駆使した新しい買い物体験ができる駅ナカの販売店。

無人コンビニの登場によって姿を消すことになりそうな商品がある

 その商品はバーコードもQRコードもついていないため無人決済には使えない。

かつてサラリーマンが通勤途中に駅で購入して電車の中で読んでいた商品

 高度成長期を中心に首都圏の朝の光景になくてはならない物。

それは「新聞」である

 新聞が「デジタル」でスマホやタブレットで読まれるようになり、駅売りの「紙」の新聞を読む人はどんどん減っている。

 そうした中で高輪ゲートウェイ駅の無人コンビニの登場は、「駅売りの新聞」の退場を決定づけることになりそうなのだ。

あわせて読みたい

「新聞業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  9. 9

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。