記事

新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案・森雅子法務大臣の答弁による国会各委員会審議入り中止

1/2

皆さん こんにちは、命を守る参議院議員 川田龍平 秘書のSです。

今日は新型コロナウイルスについての法案審議入りの内容になります。

いま日本(いや世界で)で猛威を振るっている新型コロナウイルス問題。

新型コロナウイルス問題における特別措置法案改正案に向けて昨日から国会で動きが出始めました。


昨日の衆議院内閣委員会で新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案が賛成多数で可決されました。

そして今日は衆議院の本会議で可決される見通しでした。

その後は明日午前の参議院内閣委員会で審議入り可決された場合は明日午後の参議院本会議で可決される見通しとなっています。

この法案における緊急事態宣言が発令された場合の概要は政府が国民生活に重大な影響が生じると判断した場合に、

  • 各都道府県知事が不要不急の外出の自粛
  • 学校や映画館など人が集まる施設の使用制限
  • イベントの開催自粛などを要請できると定める。
  • 各都道県知事は医薬品や食品の売り渡しや保管の命令も可能で、応じない場合は罰則の適用もある。
  • 病院が足りない場合土地や建物を借りて臨時の医療施設を設置。所有者が正当な理由なく同意しない時は強制的に使用もできる。

との内容になっています。


この法案は国民の自由を制限する「私権制限」の可能性もあるので国会への事前報告を求める付帯決議を川田龍平と所属する立憲民主党は政府与党に対して求めまして、政府は要求を受諾しました。

この法案に対して立憲民主党と川田龍平は日本の国民における国難のため政府与党に党派を超えて協力するつもりです。

ところが昨日の参議院予算委員会においての答弁で福島県選出の参議院議員・法務大臣で弁護士の森雅子 法務大臣がとんでもない不規則答弁で国会の答弁妨害で本日予定されていた川田龍平の所属する厚生労働委員会を始めとする全ての委員会質疑が中止になってしまいました。

森雅子 法務大臣の不規則発言は

「東日本大震災の発生時にいわき市の検察官がいわき市民が避難していない中で先に逃げた、またその際に身柄拘束をしている十数人の被疑者を理由なく釈放
した」
と全く事実に当てはまらない誤認の発言をしたのです。

これは司法の権威でもある現場で重い重責を担っている検察官の方々をも愚弄する、酷い発言でもあり、国民からの司法への信頼を不当に貶める発言を司法機関のトップである法務大臣が国会で不用意に発言したことは大問題です。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  6. 6

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  7. 7

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。