記事
  • Sozen

需給バランス一段の悪化見通しで原油続落

原油相場は続落です。需要減退懸念に対して供給は一段と増加する見通しで、上昇する理由が見つかりません。この日の安値は$30/bblの節目で支えられたものの、一度は割れた大台にサポートとしての意味は薄いのでしょう。

3月12日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.48安の$31.50/bblで、引け後の時間外取引は$31/bbl前後です。

米国が欧州からの渡航制限を今日から始め、市場には自粛の拡大で経済活動の縮小が加速するといった弱気ムードが蔓延しています。

直近の EIA 統計では先週の全米の石油製品出荷量は3週連続の増加で昨年8月以来の高水準と堅調です。ただ、感染を恐れた経済活動の縮小の影響はこれから本格化すると考えられます。

日本の石油連盟週報によると、先週の石油製品生産量は前年比5.7%減でした。2月後半の同2.7%減から悪化しています。日本の石油製品生産は昨年10月の消費税増税以降前年割れ傾向が続き、2月前半にようやくプラスに転じ始めたところを挫かれています。3月に入り自粛ムードの拡大が需要を一層抑制していると見られます。

サウジアラビアと UAE は4月の産油量を一段と拡大し、サウジは日量1,200万バレルの予定から同1,300万バレルに、UAE は同400万バレルにするとのことです。

 ■ Saudi Aramco and ADNOC to increase crude oil supply in April (Hydrocarbons Technology)

ロシアや米国らとの競争は激化し、コストの高い生産国は大きな打撃を受けます。

中国では原油安を受けて中小精製業者の意欲が旺盛になっていますが、国内需要の実態が不明瞭なため動きは活発になっていません。

 ■ China’s teapot oil refineries could become ‘money-printing machines’ amid crude price crash (South China Morning Post)

新型コロナウイルス感染拡大による需要の消失は終了の目途が立っていません。ただ、ここ1か月で悲観ムードが相当に拡大したため、悪材料は出尽くした感もあります。

あわせて読みたい

「原油相場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。