記事

欧州危機で日本経済はどうなる!?-森永卓郎のBLOGOS経済塾

2/4

ギリシャの破綻!笑いが止まらないドイツ!

森永:私は、本当にギリシャ人がすごく悪いのかというと、そうでもないんじゃないかなという気がするんですよ。

小口:じゃあ、他に原因があるんですか?

森永:国際金融の世界を例えると、アフリカのサバンナみたいな状況なんですよ。

仲俣:どういうことですか?

森永:アメリカとかイギリスを中心に肉食獣の猛獣さん達がいるんです。この肉食獣がいつ獲物に襲いかかってやろうかっていって、虎視眈々と見ているっていうのが国際金融の世界なんです。

ここに格付け会社ってのがあって、標的を定めるんです。「コイツを狙え!」っていう時に、その国の格付けをドーンと下げるわけです。そうすると猛獣たちがワーッと襲いかかってきて、骨の髄までしゃぶりつくすっていうのが、国際金融の世界なんです。

だから、格付け会社は根拠があって格下げをしているのではなくて、標的を定めた時に格下げをするんです。ギリシャはまさにそれでやられちゃったんですね。そのあと、スペインとかイタリアとか、相次いで“危機”だっていう風に言われています。

何が起こっているかっていうと、ギリシャは人口1100万人ぐらいの小国なんです。GDPも日本に比べてすごく小さい。動物でいうと、インパラの子供ぐらい。そこに肉食獣がワーッと襲いかかってきた。だから、抵抗をする術もなくあっという間に食われちゃった。

ところがそのあと、ギリシャを骨の髄までしゃぶり尽くした。どんどん(国が)崩落していっても、株式とか債権とか変化さえあれば儲けられるんです。ギリシャを食い尽くしたんで、去年あたりから狙いを定められちゃったのが“イタリア”だったわけです。ところが、イタリアは大きいんです。動物でいえば、カバぐらいあります。

小口:インパラよりは大きいですね。カバは結構強いっていう話ですからね。

森永:カバとライオンが戦った時に、どっちが勝つかっていうのは、ケースバイケースなんです。カバが倒れる寸前まで肉食獣のみなさんが追い詰めたんですけど、あと一歩というところで、カバの逆襲にあったんですね。イタリアは食われる寸前のところで立ち直ったんです。

小口:どうやって立ち直ったんですか?

森永:結局、イタリアを一気につぶそうとしたんですけれども、国際通貨基金(IMF)とEUがイタリアは守りますよ・・・っていう態度に出たのが大きな理由です。

小口:ドイツとフランスが「みんなで守りましょう」といって、せっせとやっていましたよね。あの人達にも国の立場があるわけですから、結構なお金を拠出してしまっている?

森永:イタリアが倒れると、今度は、イタリアの銀行にお金を貸してたり、イタリアの国債を持っている人たちが困るんですよ。それはギリシャについても一緒。EUのお荷物なんです。ギリシャには支援もして、資金繰りもつけてあげたんですけれども、今、EUでギリシャは放蕩息子なわけです。「EUから追い出すぞ!」と言ってもいいようなもんなんですけれども、ただの一カ国も「ギリシャに出て行け!」と言っている国はないんですよ。みんなギリシャに「残ってて!」を連発してるんですよ。

仲俣:残ることで、他の国が得するんですか?

森永:ボロ儲けしてるんです。なぜかというと、ユーロ圏の17カ国は「ユーロ」っていう共通通貨を使っていて、そこにギリシャも入っているわけですよ。ギリシャっていう不良息子がいるから、ユーロがすっごく安くなっている!リーマン・ショック前からいうと4割ぐらい安い。

ということは、ユーロに加盟している強い国。最強の国はドイツなんですけど、すごく国が強くて、輸出競争力もあるのに、通貨を4割も安くできるんです。だって、ベンツのBクラスが新車で299万円ですもん。

小口:えぇ!!(驚)

森永:ベンツなんて、昔は庶民が乗れなかったですよね。それだけドイツが大儲けしているわけです。だから、もしギリシャがいなければ、ユーロはずっと高くなって、輸出がしにくくなり、そんなに儲からない。

ドイツは「放蕩息子を抱えて、“困っちゃってんですよー。支援なんてこれ以上できません!”って言っているんですけど、内心は「ギリシャのおかげでうちは大儲けしてる!」と思ってます。でも、それは絶対に言わないんですよ。

小口:言わないよねー。

森永:ギリシャはさっさとユーロ圏から出ていけばいいと思うんですよ。そうするとギリシャは“ドラクマ”という昔使っていた通貨に戻るんですけど、これが大暴落するんです。これで何が起こるかっていうと、ギリシャ観光がすごく安くいけるようになって、ギリシャ製品がすごく安くなる。

あわせて読みたい

「欧州危機」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  3. 3

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  10. 10

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。