記事

新型コロナ イタリア人医師らの生の声

武漢の医療現場が崩壊の危機にあるニュースなどを2月ほど前に見て、大変なことになっていると思いつつも、「中国だからなぁ」と、対岸の火事と思っていた日本人がほとんどと思います。

しかしウイルスが世界中に広がり、イタリアでも同様のことが起きている中で、「イタリアだしなぁ」と思う日本人は以前よりは少ないでしょう。

医療崩壊という言葉をよく耳にしますが、「軽症者が殺到して医療崩壊」というのは私は本当の意味の医療崩壊とは異なると思います。

本当の意味の医療崩壊とは、

1.重症者が大量に発生し、従来であれば救えるはずの大勢が亡くなること

2.その過度の負荷によって医療機関の機能がストップし、本来救えるはずだった他の病気の方が治療を受けられず亡くなること

であると思います。

軽症の方がいくら発生しても、その方々が軽症である限りは特に治療を受けようが受けられまいが、自然に治ります。

つまり軽症の方には特別な医療は必要ありません。

医療機関が適切に軽症者の方へリソースを割くことを抑えれば「軽症者が殺到」だけでは医療崩壊はしません。

しかし、軽症者が増え感染が拡大すれば一定数の重症者がその中から出ます。

その重症者の数がキャパシティを越えると、医療崩壊によって多くの過剰な死者が出ます。

今現在、そういった状態に陥っているのがイタリア北部です。

イタリア北部は南部と比較して全体に裕福であるため医療が充実しているということですが、急増した重症患者への対応が限界となっているようです。

実際に現地で重症患者対応にあたっている医師がSNSに投稿している内容を読むと、状況が伝わってきて寒気がします。

二つ下記にリンクを紹介しますので、読んでみてください↓

ヤフーニュース「イタリア人医師の悲痛な叫び」

イタリア人医師のfacebookより

facebookの投稿は英語ですが、翻訳をクリックすると日本語で読むことができます。

やや拙い日本語訳ですが、内容は十分に伝わるでしょう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  4. 4

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  9. 9

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  10. 10

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。