記事

「偽善者」「お金儲け」ボランティアや街頭募金に文句を言う人たちに知ってほしいこと

1/2

 新潟県の焼肉店で月に数回、一人で好物のレバーを食べているという山崎光男さん。実は献血ルームの常連で、レバーを食べるのも、その日のための鉄分補給。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国の献血イベントが相次ぎ中止になっていることから、スタッフは「血液は保存が効かないので、山崎さんみたいに継続して来て頂けると大変助かる」と話す。


 25年前から始めた献血は、今では2週に1度は通うといい、この日で通算266回目。500回を目指し、これからも通い続けると話す。そして献血後に向かったのが、「菜工房ヤマダ」。ここでも、名物のレバカツを頬張っていた。

 山崎さんの社会貢献は献血だけに留まらない。地元のごみ拾い活動や除雪の手伝いも続けており、東日本大震災の際には泥のかき出しボランティアに駆けつけた。また、過疎化が進む地元を元気づけたいと、自作の“新潟県活性化ソング”をイベントなどで披露している。「裕福ではない家庭に育ち、単身で東京に出た。行く先々で困った時に助けてくれたり、アドバイスくれたりした恩を、何らかの形で返していきたい。そんな思いが根底にある」。

■「みなさんの善意で支援してほしいから」


 「どんな偽善だろうが、やらないよりは良いと思っている」。そう話すのが、震災で行き場を失くした犬や猫の避難所運営のための募金活動をするNPO法人「青年協議会」の上村剛代表理事だ。

 30代前半の頃にはリヤカーを引き、野宿をしながら日本縦断・ゴミ拾いの旅をした経験を持つ上村氏。「熊本の米谷正勝という厳しい師匠がいて、行ってこいと。3年やったが、最初の半年から1年くらいは完全にやらされているという気持ちが強かった。腹減ったら食えと言われて、開けてみたらドングリだったり、掃除をしているときにゴミをぶつけられたり。いいことばかりではなかった。でも、行動していると、こんなに気持ちいいことなんだと変わっていって、“やらせていただいている”という感謝の心ができていった」。


 年間の活動費は約3000万円。効率的かつ継続的に集めるための方法として行き着いたのが募金だったという。「“時給1000円でバイト代を募金箱に入れる”だったら、街頭募金をした方がいい。他に効率的な方法があるとも言われるし、クラウドファンディングなどもあるが、継続性を考えた時には街頭募金が一番効率いい」。東京や埼玉を中心に、毎日5カ所から10カ所で活動。自らも街頭に立ち集めた寄付金は、2月だけで220万円に上る。

 今も1日1回は文句を言われるのだという。「すれ違いざまに罵声を浴びせてきたり、活動を止めさせて30分も説教されたり。それでも言われる分はありがたいという感謝の気持ち。文句を言ってくる人にもありがとうと思いなさいというのがうちの教えだ」。


 また、ガーナの貧しい子供たちのため、新宿で10年間にわたり活動しているというマンフィーさんも、「“自分のためにやっているんじゃないのか!”“なんで日本人がガーナを助けなきゃいけないのか?”と言われる。時々、募金箱を足で蹴られて壊される」と明かす。

 普段は中古車パーツの輸出業をしており、仕事が休みの日は朝9時から夜8時頃まで立っている。「2人でやれば、1日に大体1万円~1万5千円の間。私1人だと大体6000円~7000円くらい」。時給にすれば600円ほど。それならいっそ、バイトでもしたほうがいいのではないかと尋ねると、「自分で働いたお金じゃなくて、みなさんの善意で支援してほしいから」と話した。

あわせて読みたい

「ボランティア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  3. 3

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  7. 7

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  8. 8

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  9. 9

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  10. 10

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。