記事

「野球選手を目指す」はアリでも、「プロゲーマーを目指す」がダメである理由

1/2

わが子が「プロゲーマーになりたい」と言ったらどうするべきか。アルコール依存症の専門医の中山秀紀氏は「スポーツと違って、ゲームには依存性というリスクがある。『プロを目指している』という言い訳が、依存症を悪化させる恐れがある」という——。

※本稿は、中山秀紀『スマホ依存から脳を守る』(朝日新書)の一部を再編集したものです。

オンラインゲームをしている2人の少年※写真はイメージです - iStock.com/Milan_Jovic

「ゲームは教育的に良い」は本当か

「eスポーツ」(イースポーツ)という言葉を、最近よく耳にするようになりました。

eスポーツとは、コンピューターゲームの一種である、対戦型ゲームを競技として捉えた際の名称です。ゲームの対戦をスポーツの競技になぞらえ、多額の賞金が出る大会が開催され、ゲームで生計をたてる「プロゲーマー」と呼ばれる職業も出現しています。

賞金総額100億円以上の某シューティングゲームの大会がニューヨークで行われ、青少年と思われる日本人選手も活躍したことが、小学生向けの漫画雑誌にも華やかに掲載されています。そこには決勝に進出すると600万円以上、ソロの優勝者には3億円以上の賞金が出たことが書かれています。この一攫千金の夢に胸がときめいた小学生も多かったのではないでしょうか。

2019(令和元)年に茨城県で行われた国民体育大会の文化プログラムで、全国都道府県対抗eスポーツ選手権が開催されました。そして一部の学校では、こうしたゲームを部活に取り入れているようです。

自治体や学校(特に公立)での活動にeスポーツを取り入れるということは、「ゲームは教育的に良い」とお墨付きを与えたと捉える人もいるのではないでしょうか。なお、遊びを部活に取り入れるという点については問題ではない、と私は思っています。遊びと学業の間に明確な境界線はありませんし、たとえば囲碁、将棋、野球も遊びです。

そうではなく依存物であるゲームを競技としたり、学校で推奨したりすること自体が問題だと思うのですが、それ以外にも再考すべき点があります。

本稿では、スマホ依存症対策の壁の一つとして立ちはだかる、eスポーツとプロゲーマーについて考えることから始めます。

スポーツは疲れてしまうので「やりすぎ」の心配はない

eスポーツは、ゲームなのにスポーツという名称であることに違和感を覚える人も多いと思いますが、一般的なスポーツとゲームを比較できるよい機会だと私は思っています。

現在、プロ化しているスポーツはいくつかあります。

たとえばプロのサッカー選手になるには、学校の部活か、ユースチームなどに所属してそこからスカウトされるのが主な道とされています。プロ野球選手になるには、同じく学校の部活か大学野球のチーム、社会人チームに所属して、やはりそこからスカウトされるのが主のようです。

一般的に、プロ選手になるまではスポーツと学業・仕事を両立させるということが大原則なので、部活やユースチームの練習は、学校の授業時間や深夜には行われません。学業や仕事、ましてや健康の障害になることをしてはいけないからです(大会などで学校を休むことはあるかもしれませんが)。

アマチュアの場合も同様です。すでに成功を収めているような選手の場合は、学業や仕事よりもスポーツ中心の生活をしているかもしれません。ですが、普通のアマチュア選手は、将来たとえプロ選手になれなくても、それまでの学歴や職歴を活かして進学、または社会人として生活していくことができます。こうした一定のルールのもとで、スポーツは教育や仕事と共存しているのが原則です。

そして一般のスポーツは、ほとんどの人にとって依存物には当たりません。スポーツ自体は「楽しい」かもしれませんが、疲れて続けられなかったり練習が苦しいことも稀ではないので、一般に「やりすぎ」てしまうという心配はほとんどないでしょう。

ゲームは24時間365日一人でも続けられる

それに対し、ゲームはいつでもプレイすることができます。極端にいえば、24時間365日可能です。

ゲームは、手軽に、楽しく、飽きずに続けることができる依存物であり、どこまでもいつまでもやり続けることも原則として可能です。ですからプロゲーマーになるために本気でゲームで強くなろうとしたら、学校に行かないで幼少の頃からゲームを「練習」としてし続ける選択肢もあるということです(それで本当に強くなるかどうかはわかりません)。

人は楽しいことは一人でもできますが、苦しいことはみんなと一緒でないと、気持ちが折れてしまうことがあります。そんな観点から、苦しいスポーツの練習を集団で行うのは一定の合理性があります。

しかし、ゲームは依存物の特性(手軽に、楽しく、飽きずに続けられる)を備えているので、一人で延々とゲーム(練習)を続けられます。またゲームは家にパソコン(もしくはスマホ、タブレット、ゲーム機でも可能)があれば、適当にネット上で仲間と集ってプレイできます。

あわせて読みたい

「ゲーマー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。