記事

ここ2週間で混雑度が急激に高まって来た感のある、コワーキングスペースにおける集団感染リスクが気になる今日この頃

コワーキングスペースを使ってリモートワークをする方も多いかと思います。

わたしの場合は、夕方の打合せが終わってから事務所に戻るのが面倒な場合に、コワーキングスペースをドロップインで利用することが多々あります。

政府が不要不急の外出を控えるよう要請をしたことで、リモートワークを実施した企業も多いのだろうと思います。

これとの具体的な関連性は不明ですが、ここ2週間ほどでしょうか、わたしの利用している五反田のコワーキングスペースがとても混雑しています。

ここは、空いている場合はある程度の間隔を置いて席の利用が可能です。

ですが、ほぼ満席状態ともなるとこのコワーキングスペースの場合、幾つかの島に分かれてはいますがそれぞれのブロックはほぼ手で触れること又は対面で会話することが可能な距離感の中でそれなりの人数の人間と過ごすことになってしまいます。

自分の場合、自宅で仕事することは可能ですが、オンとオフの切り替えの観点から最近はできだけ自宅で仕事をしないようにしているため、コワーキングスペースの利用が増加傾向です。

また、急遽リモートワークに取り組んだ企業の社員の方には、自宅で仕事するつもりがなかったので、コワーキングスペース使おうという方もいらっしゃるかと推測します。

接触する人数としては、電車に乗ることのほうがリスクは高いだろうと思いますが、不特定多数と過ごす時間の長さを考慮した場合、混雑しているコワーキングスペースの利用も慎重に判断すべきか...と考えたり。

新型コロナ、多くの症例は軽症で自然に改善するとされていますが、発症してしまうと、自分の会社や出入りした場所が閉鎖されたり消毒などの対処を迫られるなどのダメージが生じますから、やはり感染は避けたいところです。

そういう観点から、先日触れたリモートワークで運動不足になったからと、スポーツジムに出向いて感染リスクを高めてしまうケースであったり、

今日紹介したような感染防止のために在宅勤務となっているのに、コワーキングスペースを利用して感染リスクを高めてしまう...というのは本末転倒と言えるのかもしれません。

4月以降も自粛モードが継続するようですと、自分にも経済的な影響が及んでくる状況となっています。

それを回避するためにも、自身の健康はもとより、経済的な面からも、それぞれが可能な範囲で感染拡大を起こさないような行動が求められていることをここ数日より感じています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  7. 7

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。