記事

黎明にパンデミックのニュースを聞いての主張

 WHOが、パンデミックを表明し、ドイツはメルケル首相が、国民の7割は感染するリスクがあると表明しました。

 この事態に私は、4つの事が大切であると考えます。

 まず、「正しく理解」し、「恐れず」、「侮らず」、「気負わず」、「行動」し、「生活」することです。

 世界的に感染は拡大しているものの、感染者の9割は、中国、韓国、イタリア、イランに限定されています。

 感染したとしても、高齢者と持病を持つ方は万全の注意が必要ですが、多くは軽症、無症状です。

 「正しく理解」すること。

 2つ目には、一日でも早く普段の生活を取り戻すことが、究極の経済対策であり、手洗いと体調管理、集団的に濃厚接触を図る機会を極力減らしつつも、「恐れず、行動」し、「生活」すること。

 3点目には、今回の新型コロナは致死率が高くないものの、高齢者と持病を持つ方は懸念されますし、引き続き流行を遅らせ医療の混雑化、機能不全を防がなければなりません。

 また、予防ワクチンや治療薬が発見されるまで、2年掛かる見通しもあり、その間に流行は何度か来るかもしれません。

 そしてその数年間に、感染し、回復した人々の集団免疫が作られ、流行が抑えられるスピードが、薬の発見、普及より早いかもしれない。

 なおかつ、今後、もっと致死率の高い感染症が世界的に拡大した際の備えとして、国民的知見を収得する機会ともすることも大切です。

 いづれにせよ、「侮らない」ことが必要です。

 最後に、気負いは不要であり、感染症のリスクを、遠隔医療や遠隔教育、ドローン、5G、IOT、データ社会を促すチャンスとすることだと考えます。

 ポスト新型コロナ経済社会をどう描くか。

 全国一律休校より、WEB授業を普及させる契機では無かったか。
 
 離島やへき地の遠隔医療、ドローンで薬を運ぶことは出来なかっかたのか。

 感染が疑われる海外からの旅行者などを、決済情報やGPS等から、行動履歴を把握するデータ社会を確立する世論喚起は出来なかったのか。

 氾濫する情報を正しく捉え、理解し、判断し、行動する社会的成熟度を如何に高めるか。

 メルケル首相は、「団結、理性、お互いを思いやる心」とも強調していました。

 マスクの買い占め等も、供給体制を強化することも大切ですが、医療機関や福祉施設や高齢者や障がい者といった本当に困った方へ届けられるような配慮も大切ではないか。

 個人の不安を解消するとともに、社会全体の合成の誤謬を考慮することも、政治の使命です。

 本質を洞察し、大局観を持ち、これからのあるべき社会のグランドデザインを描き、そこに基づいた優先順位のもとで、政策の実施、メッセージの発信に努めます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  2. 2

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  3. 3

    10万円給付金問題 立憲民主党も非課税世帯中心に限定給付案をまとめる これでは政権奪取は無理だ

    藤田孝典

    02月25日 13:53

  4. 4

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  5. 5

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  6. 6

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  7. 7

    Go Toトラベル、再開是か非か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    02月25日 10:18

  8. 8

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  9. 9

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  10. 10

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。