記事

ラグビーW杯、実質黒字は68億円 使い道に「代表の強化に」「後進を育てるために使って」と疑問の声も


 2019年に開催されたラグビーW杯の日本大会組織委員会は3月10日、東京都内で理事会を開いた。大会の収入総額は677億円で、実質的な黒字は68億円だった。

 チケット収益は389億円と見込みよりも39億円の増収となり、全世界でのテレビ視聴者数は過去最高となった。また、日本では前回大会の5倍以上となる累計4億2500万人が視聴した。

 今後は「記念ミュージアムの設置」、「ラグビーを通じた地域活性化活動」、「日本とアジアの競技振興」のための基金を設立し、黒字分からそれぞれ20億円規模が充てられる見込みとなっている。コメンテーターでニューズウィーク日本版編集長の長岡義博氏は「地域活性化活動とか、代表の強化にお金を使ってほしいですね」とコメント。


 キャスターを務めるテレビ朝日の大木優紀アナウンサーも「大会直後に子どもと一緒にラグビー教室の体験に行ったんですが、グラウンドに入り切らないくらいの子どもが集まっていたんですよね。(競技人口の)裾野を広げるビッグチャンスだと思うので、地域活性化活動とか後進を育てるようなところに使ってほしいですよね」と長岡氏の意見に同調した。

 組織委員会の島津昭事務総長は「日本協会、自治体、組織委が頑張ってくれた。そして何よりも日本代表が頑張ってくれた。ラグビーの持つ魅力が多くの方に伝わり、心の中に染み込んだ」と話している。
(AbemaTV/「けやきヒルズ」より)

▶【動画】ラグビーW杯日本大会、収益の使い道に疑問の声も

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  5. 5

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  6. 6

    舛添氏「検査と隔離に立ち戻れ」

    舛添要一

  7. 7

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  9. 9

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナに「人工抗体」が有効か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。