記事

東京五輪1年延期なら池江、桃田、白井、荻野らはどうなるか

池江璃花子は先日、トレーニング再開を公表した(写真/GettyImages)

白井健三も故障に悩んでいる(写真/GettyImages)

 新型コロナウイルスの感染が収束に向かわなければ東京五輪を1年後に延期してはどうか──国際オリンピック委員会(IOC)の委員からは、そうした提案も言及されている。実際にそうなったら選手選考がやり直される可能性もある。

【写真】白井健三は故障に悩んでいる

 競泳女子の池江璃花子(19)は、2018年8月のアジア大会で6冠に輝き、大会MVPとなった直後、まさかの白血病罹患が発覚。諦めざるを得なかった東京五輪まで1年の猶予があれば出場への希望は出てくるのか。スポーツ紙の担当記者が話す。

「かつてプロ野球では、オリックスの岩下修一が急性骨髄性白血病の診断から1年も経たずに翌シーズンの開幕戦で復帰登板を果たした例があります。ただ、現時点で池江は、4年後のパリ大会、あるいは8年後のロサンゼルス大会を見据えている状況。今年2月にジムでトレーニングを再開させたことをSNSで公表しましたが、感染症などにも注意が必要だし、“来年の東京五輪”になったとしても、無理はできないでしょう」

 一方で、ケガや不調に苦しむ選手では、万全の状態で五輪に臨めるケースも出てくるかもしれない。

 バドミントンの桃田賢斗(25)は、今年1月のマレーシア遠征で交通事故に遭遇。裂傷や全身打撲を負っただけでなく、帰国後の精密検査で右目眼窩底骨折が判明し、手術を要す全治3か月の診断が下った。

「『シャトルが二重に見える』などプレーヤーとしては最悪の結果となった。手術から3週間後の2月27日の検査で練習再開の許可が出たものの、患部が目だけに、パフォーマンスにどこまで影響するかは未知数。実戦復帰が遅れれば世界ランク1位のまま本番を迎えられるかわからないので、予選リーグの組み合わせにも影響する。五輪が1年後にスライドすれば、金メダルの可能性はかなり高まるでしょう」(スポーツ紙デスク)

 体操男子では、前回のリオ五輪団体金メダルに貢献した白井健三(23)が、左足首や左肩の故障の影響によって昨年の世界選手権代表を外れた。4月の全日本個人総合と5月のNHK杯で橋本大輝(18)や萱和磨(23)といった新世代と争う。

「今のままでは白井の代表落選もあるが、1年あれば得意とする床や跳馬以外の苦手4種目の克服にも時間が割ける」(同前)

 競泳ではリオ五輪の男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介(25)が絶不調。モチベーションの低下による休養を経て、昨年8月にレースに復帰したが、復調の気配はない。

「五輪代表選考を兼ねた日本選手権(4月1~8日)に向けて、約1か月間のスペイン高地合宿を行なっている。精神的な原因もあると考えられるので、1年後でも状態はわからないが、このままのスケジュールで選考が進めば出場の可能性はゼロに近いことはたしか」(スポーツジャーナリスト)

※週刊ポスト2020年3月20日号

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  9. 9

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。