記事

介護や子育ては、自己責任ではなく社会全体の問題です - 「賢人論。」第111回(後編)中島岳志氏

1/2

今、日本では急速に少子高齢化が進んでいる。2019年に生まれた子どもの数は過去最低の86万4,000人、前年と比べても約5万4,000人減少した。しかし、少子化対策は依然として進んでいない。中島氏は、「子育てや介護の議論が、国が面倒をみるべきか個人が面倒をみるべきかという極端な話になってしまっている」と指摘する。

取材・文/木村光一 撮影/公家勇人

小泉環境大臣が育休を取るだけで大騒ぎになっている

みんなの介護 「少子化問題」について、中島さんはどのような考えをお持ちですか?

中島 それについては、まず、少子化を悪だとする見方に異議を唱えたいと思います。

フランスの歴史人口学者エマニエル・トッドによると、出生率低下の原因は女性の識字率の向上にあります。つまり少子化も、近代以降、教育の機会を得た女性が社会進出を果たし、さまざまな生き方を選択できるようになった結果であって、むしろそういう世の中になることを私たちは目指してきたはずなんです。

結婚しないことや子どもを産まないことを悪のように決めつけるのはおかしい。そこを議論の出発点にしない限り、有効な解決策は見つからないと私は思います。

みんなの介護 第1に女性の自主性を尊重すべきとうことですね。

中島 そうです。とはいえ、少子化問題をどうにか軟着陸させたいのであれば、女性ばかりにしわ寄せがいかないように皆で努力する必要があります。

実際、今、身の周りを見渡しても安心して子育てができるような状況とは程遠い。小泉環境大臣が2週間の休みを取るだけで大騒ぎになっている〝育休〟の問題をみてもわかるように、子育ては女性がするものという意識に変化はありませんし、保育園の〝待機児童問題〟も未解決のままですから。

それ以前に、経済的に不安定であることを理由に子どもを持つのを諦めている人がたくさんいることもわかっています。

とにもかくにも両親が共働きをしながら子どもを育てられる環境を整えることが急務です。そしてこれらは、いずれも国家が政策として着手しなければならない再配分の問題であり、自己責任の問題ではありません。

政治の役割はバランスを取ることにある

みんなの介護 かつては子どもの面倒を祖父母や隣近所が協力してみてくれていた時代がありました。しかし、今は核家族化が進み、都市化などで地域コミュニティも消えつつあります。

たしかに、そういう孤立無援ともいえる状況の中で子どもを産んで育てるのは困難です。といって、どこまで行政に求めていいものなのかわかりません…。

中島 この国では、子育てや親の介護をはじめとする社会福祉の問題について議論しようとすると、すぐに国が面倒をみるべきか個人が面倒をみるべきかというような極端な話になってしまいます。

本来、極論と極論をぶつけ合って白か黒か決めることが政治ではありません。

極論と極論の間にある無数の選択肢のどこを取るべきかを決めてバランスを取る。それが政治の役割であり、議論もそうあらねばならないんです。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  5. 5

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  6. 6

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

  10. 10

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。