記事

一斉休校から1週間、負担感じる親子は「創造的絶望を」 臨床心理士が推奨するメンタルヘルスの保ち方



 一斉臨時休校が始まってから1週間、急な要請への対応が難しい家庭の実態を示すアンケート結果が公表された。

 子育て支援アプリ「ママリ」の調査(対象:子どもが1人以上いるママ1777人)によると、今の職場で在宅勤務が「不可能」と答えた人は80.8%で、「可能」の19.2%を大きく上回る結果に。「可能」と答えた人の中でも、「子どもが気になり集中できない」などの課題をあげた人が7割を超えた。また、利用できると助かるサービスについては「当日でもすぐに頼める低料金のシッターや家事代行」などが回答され、多くの人が子どもの預け先を探すなど急な対応に追われた実態が浮き彫りになった。

 一方で気になるのは、休校から1週間が経過しての子どものメンタルヘルス。臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は2つの懸念点をあげる。



(1)健康的束縛がない(居場所がない、達成感がない、承認欲求を満たせない)
→「今回の一斉休校について『仮に1カ月の休みになっても夏休みと変わらないのでは?』『子どもたちは結構楽しそう』という指摘もあるが、例えば大人でも大きな台風が来る前に意図せずテンションが上がってしまう人がいるように、楽しそうに見えて実は自分の心を守るための反応である場合がある。

また夏休みとの大きな違いは、想定していない突然の休みであって、自由に遊んだり、行動できないこと。夏休みは塾があったりプールに行ったりと長期休みなりの過ごし方が実はある程度決まっていて、これは健康的な束縛といえる。一方でスケジュールが空っぽの状態で休みになるというのは特に子どもの心理的な健康を害する可能性があると思う。

加えて、『学校や友達グループという安心でき毎日行ける社会的居場所があること』『ささいなことでも先生、友達らと共に達成する経験が得られること』『自分の存在感が他者との間で認められるような経験があること』、これらは子どもの発達にとっては必須で、それらがない生活を一定期間続けることで、バランスが崩れてしまう子もいることが心配される」

(2)卒業式がない(区切りがなく前後の見通しがつかない、情緒的交流がない)
→「在校生の修了式もそうだが、儀式には区切りをつけるという意味がある。区切りがあることで『終わりよければ…』という感覚になれることもあるだろうし、逆になければ、ゴールが見えないのに延々と走り続けるようなもの。『未完の行為』といって、その人のそれまでが完了できないことで次の一歩を踏み出すための障壁になる場合がある。

また区切りを境に前後の計画をどうするかという見通しがついていることは、人が心身ともに健康であり続けるためには大事なこと。また、卒業式は人と人との気持ちのやり取りがあるので、人が社会的な動物である限りはそういう要素も節目節目で必要になってくる。もちろん、なければないでそれでやっていくしかないだけなのだが、ないことによるデメリットもそれなりにある」



 これらを踏まえて藤井氏は親子、特に休校で負担を感じている親に「創造的絶望」を推奨。「創造的絶望というのは、一言で言うなれば戦ったり逃げたりせず、受け入れること。政府の方針を理解して、一斉休校によりみんなで相応に負担を負わなければいけない、感染拡大を防ぐためには一定の効果が見込めるのだと頭ではわかっていても、『いつまでやらなければいけないんだろう』『実はもっと工夫すれば意外に普通の生活ができるんじゃないか』『子どもの面倒を見つつ仕事にほぼ影響がないようにするにはどうすればいいんだろう?』と明確に答えが出せないことを延々と心のどこかで思っている限り、どんどん苦しくなってくる可能性がある。

その状況を本当の意味で受け入れて、自分で自分を苦しめるような発想や想像、思考や感情に囚われ過ぎないこと。そして、『自分の人生において一番大事にしたいことは何か』に沿って物事を考え行動していくこと」と促した。



 1週間前の休校初日には「親と子のメンタルヘルスを保つ7つのポイント」も挙げていた藤井氏。このうち、改めて「勉強や遊び、手伝い、留守番の家庭内ガイドラインを作る」「情報収集の時間を絞り、ファクトを把握する」ことが特に重要だとし、「家庭の中で1日をどのようなスケジュールで過ごすかを親子で共有して、一日一日を淡々とこなしていく方が楽だと思う。

先が見えない状況が長く続くのはかなりのストレスで、何かに頼りたくなる。さまざまな番組でいろいろなことが言われていて、『分かっていること』や『はっきりしたこと』に頼りたいがゆえに情報のシャワーを浴び続けざるを得なくなっている。

とはいえ、未知のウイルスであるがゆえに、信頼度が高い科学的な根拠(エビデンス)を伴った情報は多くない。何らかの数値が存在しているからといって、それが根拠になるとはいえないのは科学研究の常識。両方をこなすのは大変だと思うが、この非常時の自分や家族なりの生活を確立して、不要だったり、信頼できない情報から身を守って欲しい」とした。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 

映像:“コロナばらまく” 感染者来店に店騒然

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  8. 8

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。