記事

新型コロナでじわじわ増加中「ウェブ面接」3つの落とし穴

1/2

新型コロナウイルスの影響で「ウェブ面接」を導入する企業が増えている。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏は「就活生にとってウェブ面接は良いことばかりではありません。3つの『落とし穴』に注意が必要です」という——。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/maroke

新型コロナで注目が集まる「ウェブ説明会」「ウェブ面接」

新型コロナウイルスの影響が、大学生の就職活動にも広がっています。

3月1日に来春の卒業者向け就職説明会が解禁になりました。しかし、リクナビ、マイナビ、キャリタス(ディスコ)といった就職情報の大手3社だけでなく、中小企業や大学内での合同説明会はほぼ中止。説明会や選考も大手企業を中心に中止・延期が相次いでいます。

そこで注目を集めているのが「ウェブ説明会」です。例えば「マイナビ就職WEB EXPO」は、2017年からマイナビが展開しているインターネット上で合同説明会です。事前に予約し、スマホやパソコンでライブ配信や録画された企業側の動画を視聴できます。

昨年以前であれば、合同説明会に参加できなかった就活生がサブ的に視聴する、という程度でした。それが今年は、実質的には、この「マイナビ就職WEB EXPO」が唯一の合説となったのです。その結果、視聴した学生は6万5000人と前年比2倍以上もの伸びを見せました。

新型肺炎の感染リスクを下げるためにも、ウェブ説明会という潮流は続くでしょう。その上、選考では「ウェブ面接」を導入する企業が急増しており、運営企業には問い合わせが殺到しています。

スタジアム(インタビューメーカーの運営企業)は、沖縄タイムス2月28日朝刊「感染予防へウェブ面接/新型肺炎で問い合わせ急増/動画配信で接触回避も」記事によると、「問い合わせが1月の約22倍に上る」とのことです。

ウェブ面接のメリットは移動リスクゼロ

このウェブ面接は、導入企業・就活生、双方にとってメリットがあります。具体的には「時間の節約」「コストの節約」「イベントリスクの軽減」の3点です。

1点目、多いのは「移動時間」の節約です。特に地方の就活生は、面接のためだけに時間をかけて移動していました。これは地方で採用試験を展開する企業にも当てはまります。それから、企業側だと、移動に時間がかかると、その間、他の仕事をしづらい、というデメリットもあります。

2点目、コストの節約も1点目とほぼ同じ。就活生・企業、双方とも交通費や場合によっては交通費が発生します。

3点目、「イベントリスクの軽減」は、コロナショックがまさに当てはまります。未解明の部分が多いとはいえ、接触により感染リスクは高い、とされています。ウェブ面接であれば接触によるリスクはゼロです。

コロナショック以前から、イベントリスクとしては東京オリンピック・パラリンピックがありました。予定通り実施され、外国人観光客が急増すると、首都圏の交通網には大きな影響があるとみられています。この混雑で就活生(または採用担当者)が移動できない恐れもあります。リスク軽減のため、コロナショック以前からウェブ面接を導入する企業が増えていました。

就活が激変しウェブ面接が主流に

これまでの就活では、ウェブ面接は主流ではありませんでした。大手企業だけでなく中小企業も「面接というからにはちゃんと会わないと判断できない」とする企業が多かったのです。しかし、状況は大きく変わりつつあります。

2020年には5Gが導入されます。これにより高速通信、低遅延、多接続が可能となり、IT化がさらに進む、といわれています。今回のコロナショックで、就活のウェブ化はますます加速するでしょう。今後、就活では面接といえば、ウェブ面接が初期~中盤の選考で利用され、リアルの面接は最終選考を含む終盤のみ、と変化していくでしょう。

それでは、このウェブ面接は就活生にとって福音か、といえばそうとも限りません。

学生が気づいていない落とし穴があります。しかも、従来の面接と異なり、導入した企業も体験した学生も多くありません。そのため、情報が不足気味、とも言えます。そこで、主な落とし穴3点を以下にまとめました。

就活生にとってウェブ面接は良いことばかり、ではない

落とし穴①:就活生にとって意外と初期費用がかかる

メリットで「コストの節約」と挙げているのに矛盾しているじゃないか、と就活生の方は思うかもしれません。まず、企業側はウェブ面接を運営する企業と契約します。当然ですが、そこでコストが発生します。企業側からすれば、従来の面接でもコストがかかるわけですし、イベントリスク(コロナウイルスへの感染)を考えれば、安い買い物、と言えるでしょう。

問題は就活生側です。ウェブ面接では、ノートパソコンかスマートフォン・タブレット端末を利用することになります。企業採用担当者やウェブ面接運営企業は「お手持ちのスマートフォンで構いません」とアナウンスするところもあります。が、実際にはどうでしょうか。

企業側はその大半が高速回線を利用しています。一方、学生が古いスマートフォンを使い続けている場合、回線が遅く、場合によっては面接中に回線が切れる、という事態を起こしかねません。採用担当者も人間です。いくら、就活生の責任ではないとはいえ、回線切れトラブルが続くと、それだけでイラッとしてしまいます。

そのため、スマートフォン・タブレット端末やノートパソコンを新しいものに買い替える、あるいは、高速化のプランに乗り換えるなどの対応策が就活生には求められます。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  6. 6

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    韓国の対日訴訟 事実認めず迷走

    文春オンライン

  9. 9

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  10. 10

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。