記事

「津波後は旅の者に満たされる」 ―― 大文字の復興と小文字の復興 宮本匠

2/2

水俣と中越の経験

山口弥一郎は、真に災害につよいまちづくりや地域の振興を果たすためには、地域住民自身が「生活の伝統」を探究しなければならないと書いていた。これは、「たくさんの学者がやってきたが、彼らは何も残してくれなかった。結局のところ、学びは調べた人にしか学びにならないのだから、自分たちのことは自分たちで調べよう」という思いで水俣で生まれた「地元学」に共通するところがある。

水俣は、水俣病により、チッソに依存してきた地域経済への影響をめぐって起きた地域内利害対立、農作物への風評被害の拡大、外部からの偏見や差別などに悩まされ、深刻な社会分断を経験した。現在も水俣病に苦しまれている方は顕在的にも潜在的にもたくさんおられる。そんな水俣で地域再生の試みとして生まれたのが地元学だ。

地元学では、地域住民とは異なる価値観をもつ外部者の視点を手がかりとして、自分たちの地域を地域住民が自ら見直し、そこで得られた資源を地域活性化に生かそうとする実践的地域活性化手法である。じつはこうした取り組みは、2004年の新潟県中越地震の被災地の復興でも見られた。

中越地震の被災地は、山間部に散在し高齢化の進む中山間地域であった。かつては田中角栄を輩出した選挙区であり、陳情政治が根深く残る依存的な地域である。また、地震前から進む高齢化により、「こんな年寄りばかりの村で将来のことなんて考えられない」というあきらめ感が漂っていた。強い行政依存が残る地域が被災したことで、中越地震の被災地は、過疎問題や災害復興の課題の俎上に乗せられる、「何かお願いしないと地域のよりよい未来はない」という困難な問題に満ちたものとして地域住民に捉えられていた。そんな被災地に、大学生らのボランティアが訪れることとなる。

阪神淡路大震災を機に、災害ボランティアの普及が見られたが、中越地震はその災害ボランティアが救援期だけでなく、長期的な復興過程にまで寄与するものとして位置づけられる災害となった。先の大学生らのボランティアは、被災地域に通い、自分たちになじみのない山の美しさや人の力強さに出会うことになる。

中越地震の被災を訪れた大学生のボランティアにとって、山の暮らしはめずらしいものばかりであった。浦島太郎が魚釣りをしているような珍しい山野草に出会ったり、その山に自生する山野草を食したり、雪の中で保存されることにより強い甘みをもつ人参を食べたり。

それらに感嘆する大学生の視点を経由することによって、中越地震の被災者は、自分たちの足元にあった豊かさに気づいた。そもそも中山間地域と呼ばれる地域に住む人々は、厳しい自然とたたかいながら、その中で智恵を育み、豊かな暮らしを自ら見いだしていった文化をもつ。自分たちが潜在的に有していたそれらの力に、外部者との出会いを通して気づいていった。そして、「復興は役場の仕事だ」という認識から、「自分たちでやれば」というように、内発的な災害復興の取り組みが進んでいったのである。

復興における「旅の者」の役割

「家」ではない、それでも何かが地域に存続するのだとしたら、東北における「旅の者」の役割は、水俣や新潟において生じたような「外部者の視点」にあるのではないかと思う。それは、山口や川島が、そしてそれを自分に重ね合わせて語られたKさんが強調されるように、被災者自身が、自分たちの地域に存続してきたもの、しかし身近にありすぎることで殊更に関心をもっていなかったものに対して、あらためて目を凝らし、自分たちがもつ潜在的な可能性と、大津波という自然の脅威をてらしあわせながら、暮らしと向き合うことに間接的に貢献するという媒介的な役割である。

しかし、そんなことが災害復興にどれほど貢献するのか、という疑問を持たれる方もいるだろうと思う。被災者の生活は逼迫している。高台移転は果たして可能か、合意形成はどのように可能か。被災した行政の限界もある。それらに専門家としてどのようにこたえるのか、といった声もあるだろうと思う。いずれも場面によってはもっともな声である。

しかし、わたしは、復興について、大文字の歴史と小文字の歴史という対比に習って、「大文字の復興」と「小文字の復興」があるように思う。大文字の歴史とは、後世の歴史書や教科書に載るような公の歴史を指し、小文字の歴史とはそれらに掲載されることはない無名の人々の歴史を指すのだという。小文字の歴史は、一見とりとめもないように見えて、じつは大文字の歴史が語られる輪郭をなぞり、それを支えている。図である大文字の歴史の背後にある、地としての小文字の歴史であり、つまるところそれが歴史の本質でもある。こうした探求姿勢は、たとえば民俗学の祖であり、先の山口弥一郎の師でもある柳田國男らによって、強調されてきた。

災害復興においても、こうした大文字の復興と小文字の復興があるように思う。大文字の復興とは、さまざまな制度を通して実現される復興過程である。それは、権威づけられた機関を通して承認された計画に基づいて、予算を獲得し進められる。一方で、小文字の復興とは、被災や生活の実感をもった地域の有志によって自発的に試みられ、自由な連結を繰り広げながら、当初は思いもよらなかったものを生みだす過程である。

前者は時空間の制約の中で、さまざまな専門的知識の助力によって進められる。一方で後者は、それが生まれるかどうかも分からない気の長い作業であり、結果は誰にも分からない。この度の震災後に話題となったレベッカ・ソルニット(註2)の「災害ユートピア」も、邦題に引っ張られてか、被災後の相互扶助に焦点をあてた著作として紹介される機会が多い。だが、この著作の主眼は、よりよい社会を構築する契機が一人ひとりの被災者に実感として災害後に生じるということ、それをどのように平時の社会の中で実現できるだろうかということを問うところにある。

大文字の復興は、もちろん大切である。目の前に差し迫った課題に対して、制約のある中でどこまでやれるのか、行政や専門家が大いに貢献できるところである。しかし、ここに山口弥一郎が、「災害の救済復興は急を要する。然し此等の村の生活の伝統を研究する事等は一朝になるべきものではない。」と述べたことと同様の間隙があるように思えてならない。最大の懸念は、急を要するものとして、被災者自身による反省や自由な検討が不十分なままに復興が進められた際に、山口や川島が指摘したような悲劇が繰り返されないのだろうかという点にある。

つまり問題は、大文字の復興と小文字の復興のどちらが大切かということではなくて、その間隙をどのように埋められるかということである。しかし、それは双方向に距離を近づけようというものではなくて、大文字の復興が進められる中で、小文字の復興を丹念に進め、積み上げていくしかないのではないだろうか。

そんな小文字の復興に、「旅の者」の媒介的な役割があると思う。外部者としての「旅の者」の視点を通して、被災者自身が自分たちの暮らしを省みることができる。この被災者と外部者の相互作用の中で、新たな東北の文化がまたかたちづくられていく。時間がかかるし、一見「復興支援」のように見えずなかなか評価されないかもしれないが、長期的な東北の復興には欠かかすことのできないものだ。

まだまだ被災地には深い悲しみが重く広がっている。すべてを失ったまちなみの跡は、何度訪れても胸が締めつけられる思いがする。震災前を知らない人間でもそうなのだから、ましてやその地に生まれ、暮らし、大切な人たちを失った方たちの気持ちはいかばかりかと思う。復興だ、旅の者だといっても、そんなことを考えられない方たちがたくさんいらっしゃるだろうと思う。悲しみは決して消えることはないと思うが、何とか今このやりきれなさに満ちたときをやりすごして、ふたたび豊かな東北のまちが力強く蘇ることを願ってやまない。

註1 山口弥一郎(1902~2000)は福島県出身、東北地方をフィールドとした民俗学者。三陸地域における津波被害と集落移動を研究した著作「津浪と村」で扱われている課題は、東日本大震災においても共通することが多い。これを山口の先見の明とみるか、あるいは同じ悲劇が繰り返されているとみるのかは読者に委ねられている。

註2 レベッカ・ソルニット(1961~)は、アメリカの著述家であり活動家。2009年に出版した「A paradise built in hell(邦題:災害ユートピア)」は、ニューヨークタイムスの「2009年度注目すべき本」にも選出され、反響を呼んだ。この著作でソルニットは、サンフランシスコ地震(1906年)やハリケーン・カトリーナ(2005)などの災害をとりあげ、災害後に被災者の間で相互扶助的な連帯が生まれることや、国家による管理された救援体制のもつ「エリート・パニック」などの問題を、被災者の証言や豊富な事実描写に基づいて描いた。

この著作の独創的な点は、災害後の相互扶助的な連帯とクロポトキンに代表されるアナーキズムの議論を接続し、災害復興を広く社会構想論にまで拡大して議論した点にある。ピョートル・クロポトキン(1842~1921)はロシアのアナーキストであり、「相互扶助論」の著者で知られる(Kropotkin, 1902 大杉訳 2009)。クロポトキンは、この著作の中で、同時代に生きたダーウィン(1809~1882)の進化論とは対照的に、ホッブズ的な自然状態におかれたときに、人々は互いの生存をかけて闘うのではなく、むしろ積極的に助け合うのだと論じた。

ソルニットも、災害がもたらす「自然状態」におかれた人間が、即興的に作りだす相互扶助的な社会の延長に、現代社会の希望を見いだそうとしている。だから、彼女はこのように断言する。「真の疑問」は、「なぜこの束の間の相互扶助と利他主義のパラダイスが出現するのかではなく、なぜそれが普段はほかの世界の秩序に押しつぶされてしまっているのかだ」(訳書p.140)と。

それゆえ、ソルニットの「災害ユートピア」は、何も災害という事象に纏わるひとつの特徴を論じているのではなく、災害後にあらわれるこの「ユートピア」から、どのような社会が理想なのかという社会構想が可能であることを示している。そして、実際にそれが実践可能である証左として、1985年に起こったメキシコシティ大地震では、「災害ユートピア」が継続し、長く続いた一党支配体制から複数政党による民主制へと、国家のあり方までを変えた例をあげる。これは、がれきの中から立ち上がった被災者が、次第に連合した結果生まれた災害以前より強力な市民社会によるものだった。

■参考文献
川島秀一 (2012) 津波のまちにいきて 冨山房インターナショナルKropotokin, P. (1902). Mutual aid: A factor of Evolution.

(ピョートル・クロポトキン 大杉栄(訳)・同時代社編集部(現代語訳) (2009) 新版相互扶助論 同時代社 )Solnit, R. (2009). A paradise built in hell New York: Viking(レベッカ・ソルニット 高月園子(訳) (2010) 災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上がるのか 亜紀書房)山口弥一郎 著/石井正己・川島秀一 編 (2011) 津浪と村 三弥井書店(恒春閣書房昭和18年刊の復刊)
宮本匠(みやもと・たくみ)京都大学防災研究所特定研究員。大阪大学大学院人間科学研究科修了。博士(人間科学)。日本学術振興会特別研究員(DC1)、同特別研究員(PD)を経て、2012年7月より現職。新潟県中越地震の被災地でのフィールドワークを継続しながら、曲線を用いたインタビュー手法である「復興曲線」による研究を進めている。主な専門領域は、グループ・ダイナミックス、災害復興。主要著書に、「災害復興における物語と外部支援者の役割について‐新潟県中越地震の事例から」、「人間科学における研究者の役割―アクションリサーチにおける「巫女の視点」-」(いずれも、『実験社会心理学研究』所収)や、「防災・減災の人間科学‐いのちを支える、現場に寄り添う‐」(新曜社、共著)がある。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。