記事

米がミサイル売却を提案、ロシア防衛システムの見送りが条件=トルコ


[アンカラ 10日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は、同国がロシアから購入したミサイル防衛システム「S400」を運用しないと約束すれば、米国製ミサイル防衛システム「パトリオット」を売却するとの提案を米政府から受けたと明らかにした。対立の火種となっていたS400の問題で米政府の態度が軟化したと分析した。

トルコの政府当局者2人はロイターに、同国は米側の提案を検討しているが、S400に関する方針に変更はないと語った。トルコ政府はこれまで、来月にS400の運用を開始すると表明してきた。

米国防総省は、エスパー国防長官はこの問題について立場を変えていないと説明。S400を返還しない限りトルコがパトリオットの発射台を受けとることはないとの立場だという。

トルコが昨年購入したS400について、米国は北大西洋条約機構(NATO)の集団防衛体制と整合性がとれないと反発、両国関係の緊張が高まった。

今年に入ってシリアの北部イドリブ県でアサド政権軍と、トルコが支援する反体制派との戦闘が激化。これを受け、トルコは米政府に対し、トルコとシリアの国境沿いにパトリオットを配備するよう要請したが、米側はS400とパトリオットの両方を保有するのは認めないと応じた。

エルドアン氏はブリュッセルからの帰国便の機中で記者団に、米政府にはトルコにパトリオットを配備するか、売却するよう促したと説明。「米側はS400の問題で態度を大きく軟化させ、S400を運用しないとの約束を条件として提示するに至った」と述べた。

S400を巡る対立が続く一方で、米政府は、ロシアが後ろ盾となっているシリア政権軍のイドリブ県での進軍を阻止するため、トルコを支援する意向も示してきた。

米国のジェフリー・シリア担当特別代表とサッターフィールド駐トルコ大使は訪問先のブリュッセルで開いた電話会見で、トルコに対してどのような軍事支援が可能かについてNATOと協議していると明らかにした。

ジェフリー氏は、NATO加盟国は個別に、あるいは協調してトルコに軍事支援を行うことが可能と述べたが、地上軍を派遣する可能性は否定した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  10. 10

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。