記事

【アマゾン】、レジなしシステムのライセンス提供を開始!コストにデータに課金も課題?

2/2

アマゾンは先月末、シアトル市内にレジなしスーパーマーケット「アマゾンゴー・グローサリー(Amazon Go Grocery)」1号店をオープンした。売り場が7,000平方フィート(約200坪)となるアマゾンゴー・グローサリーは通常のアマゾンゴーの商品に加えて一般的なスーパーマーケットが扱う青果や精肉、ベーカリー、乳製品、デリ、アルコール類、日用品など5,000アイテムを販売している。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out:JWO)」ライセンシングの課題は、ライセンシングフィーや導入&ランニング・コストにアマゾンが得る顧客データの使用があります。Eコマース黎明期にトイザらスが「餅は餅屋」とばかりにおもちゃのオンライン販売をアマゾンに丸投げしていたことで顧客データ等を奪われていたことがありました。これが後に「トイザらスがアマゾンに自分の棺桶を作らせていた」と揶揄されることになったのです。

ただ費用やデータの取り扱い以上にJWO直近の課題はAIの認識の精度だと思っています。JWOライセンシングのネックはアプリのQRコード入店ではなく、クレジットカード入店であることです。アマゾンゴーで後藤はクライアントと一緒に何度も買い物を行いました。店を出た後に送られてくるアマゾンゴー・レシートでは、これまで何度かAI誤認識による間違いがありました。ここがポイントになります。

⇒持ち出した商品がレシートに記載されていないのは問題ではありません。持って出ていっていないのに課金されている場合もアマゾンゴー・アプリ上でリファンド手続きが簡単にできます。レシート上にある商品名を左側にスライドして返金手続きをすれば課金されることはなくストレスフリー。一方、JWOライセンシングではクレジットカードに直接課金されることになります。JWOシステムは空港ターミナルのショップや映画館の売店などに導入されることになると思います。

忙しいお客はレジ待ちする必要がないのでJWOは便利に映ります。ただ誤認識された場合、クレジットカードへの直接課金ではリファンド手続きは煩雑です。搭乗時間の直前でサンドイッチや飲み物を手にして店を出て、後にメールでレシートを見たら間違って課金されている...リファンド手続きがアプリでできないため、わざわざ電話をかけなければなりません。オペレーターに事情を説明したりと手間がかかります。間違いは多くはありませんがアプリでの入店を期待したいですね。

 アプリだとダウンロードしてクレカ等、事前にユーザー登録しなければいけないし..

あわせて読みたい

「Amazon Go」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  3. 3

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  4. 4

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  5. 5

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  8. 8

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。