記事

「フラワーデモ」は今後も継続

性暴力に抗議して、被害者の痛みを分かち合おうと花を手に集まる「フラワーデモ」が、昨日8日の国際女性デーに、各地で開かれました。

東京駅前のデモは、新型コロナウイルスの感染予防のため、インターネット中継によるオンラインデモになりました。

このフラワーデモは、昨年4月に、実の娘に対する性的虐待事件などで無罪判決が相次いだことに抗議して、東京駅前で始まりました。

これまで毎月11日に開催され、各地でSNSなどでつながった人たちが開催し、今回、47都道府県で一斉デモをして、いったん終わりの予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期を余儀なくされる所もありました。

そうした中でも、東京の調布市では初めてのデモがあり、40人余りが集まりました。

山形市では、県内初のフラワーデモに男女15人が集まったと報じられています。

インターネット中継で、最初に呼びかけた作家の北原みのりさんが東京駅前から
「今日は区切りだけど、終わりではない。今度は社会が変わっていく番だ」と話しました。

フラワーデモは、これまで我慢をし、声に出してこなかった性暴力の被害者や共感する人たちが集まり、見えなかったもの、男の人中心の社会が見たくなかったものを、見えるようにした効果があると思っています。

まだ、全国各地に広がっている最中なので、どういう形にしろ、継続されていくのがよいと思います。

デモは、2017年に改正された刑法で、宿題として残されている改正を求めてもいます。

2017年に、性犯罪の刑法の規定が改正されましたが、その見直しが、3年後の見直しと規定されているので、今年始まりそうです。

3年前の改正では、それまで被害者を女性に限っていた「強姦罪」を、性別を問わない「強制性交罪」に改めました。

また、親などが子どもに性的虐待をした場合の規定も作られました。

見直しが必要とされているのは、意思に反した性交は犯罪だとする国が多いのに、日本では明らかに被害者が望んでいなくても、「暴行」や「脅迫」がなければ犯罪になりません。

「不同意性交罪」を設けるのかどうかが、論点のひとつです。

被害者団体などは、刑が軽い「不同意性交罪」を作り、暴行などがある場合は罪を重くすることを提案して>います。

また、子どもが被害者の場合、時効の開始を遅らせるか時効を撤廃するかという、「時効の停止または撤廃」も宿題のひとつです。

これから、法務省の作業部会が性犯罪の実態を報告書にまとめ、その後、法改正の必要性や被害者支援の強化策などが検討される、ということです。

世界的にも、#Me Too運動などで、これまで声を上げられなかった性暴力被害者などが声をあげています。

当事者の声を反映した法改正を望みます。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。