記事

安倍首相が「新型コロナに打ち勝った」と宣言したとき、バンザイするのは誰だ

1/2

外にいるほとんどの人がマスクをしている

私はマスクをしたことがない。

ただでさえ息苦しい世の中なのに、あんなものをすれば窒息しそうになる。

晴れた朝、冷気を含んだ風を胸いっぱいに吸い込んで、「春は名のみの~」と早春賦を口ずさみながら歩く。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、与野党党首会談に臨む安倍晋三首相(中央)=2020年3月4日、国会内 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、与野党党首会談に臨む安倍晋三首相(中央)=2020年3月4日、国会内 - 写真=時事通信フォト

こんな素敵な季節にマスクなど野暮である。

だが、街を行く人、電車に乗っている人のほとんどはマスクで顔を覆っている。中には、黒いマスクに黒メガネ、野球帽を被り、昔のコソ泥のような格好の人もいる。

マスクなしの高齢者である私が、軽い咳をするだけで、目だけ出した乗客たちの視線が身体に突き刺さる。

咳をしただけで、車掌に通報され、電車から降ろされた人もいたという。ぜんそくの持病を持っている人など、電車はもちろん、タクシーやバスに乗るのにも神経を使わなくてはいけない。

マスクでは新型コロナウイルスの感染を100%予防できないと、WHO(世界保健機関)だっていっているではないか。そんなこと常識以前だと私がいうと、周りの人間は顔をしかめ、マスクの紐をしっかり絞めて、離れていく。

コロナ騒ぎが残すものは「マスク依存症」だけ

社会心理学者の吉川茂阪南大学教授が朝日新聞(2月22日付)の「耕論」でこういっている。

「私は新型コロナウイルスの脅威が去っても、多くの人たちがマスクをつけ続けるのではないかと思っています。一度顔を隠すことに慣れると、今度は見せることがかえって恥ずかしくなってしまう。一部の人にとっては、マスクをつけている方がコミュニケーションをとりやすいこともあり、依存してしまうのです」

このコロナ騒ぎが残すものは、「マスク依存症」だけかもしれない。

日本人はパニックになりやすい民族だが、忘れるのも驚くほど早い。私は「健忘症型民族」、記憶力を失いつつある民族だと思っている。

そうでなければ、今回のコロナ感染対策でも、安倍晋三首相が独裁者のごとく振る舞うのを、黙って見ているわけはない。

安倍首相は2月27日、医療の専門家の意見も聞かず、自民党の重鎮たちにも相談せず、突然、新型コロナウイルス感染拡大を防止するためだと、全国の小中高、特別支援学校の休校を発表した。

中国や韓国からの入国を大幅に制限する措置も、熱心な嫌中・嫌韓論の“おともだち”の意見だけを聞き入れ独断専行してしまった。

その上、人権を大幅に制限できる「新型インフルエンザ等対策特別措置法」を改正するともいい出し、10日に閣議決定したのである。

強硬姿勢の背景には何があるのか

国民を納得させ、安心させる十分な説明もせず、矢継ぎ早に拙速策を繰り出す安倍首相に、国民はかえって不安を募らせ、マスクやトイレットペーパーを買い漁る行動に拍車をかけてしまった。

共働き夫婦やシングルマザーのことなど考えもせず、「私のいうことに黙って従え」という強権的ないい方に、国民の多くは反対、反発するだろうと思ったが、中国人もびっくりするぐらいの従順さで、付き従ったのである。

新聞も、一面を使ってこのような発作的な泥縄施策を真っ向から批判するところは、私の知る限りなかった。ワイドショーなどは、批判するどころか「まだ日本人には危機感が足りない」と、従わない奴は“非国民”といわんばかりである。

宰相にとって、こんな扱いやすい国民はいないだろう。戦後最大の危機、国難だといえば、嫌々ながらもいいなりになる。反対する者がいれば、ネトウヨや愛国主義者たちがよってたかって、叩き潰してくれるのだから。

これまでの安倍首相は、口先だけだが、「国民の皆様に寄り添う政治」などといい繕ってきたが、今回は、いら立ちを隠そうともせず、「ごちゃごちゃいわずに、オレのいうことに従え」と、ヒットラーもかくやといわんばかりの強硬姿勢に出た背景には何があるのだろう。

“せめて五輪は開催しなければ”という焦り

私が推測するに、安倍は焦っているのだ。在任期間ばかりが長くなったが、自分のレガシーを何一つ残せず、悲願だった憲法改正も日暮れて道遠しである。

レームダック状態になっている安倍に残されているのは、中国・習近平主席の訪日と東京オリンピック・パラリンピックだけだった。だが、中国で発生した新型コロナウイルス感染があっという間に世界中に広がり、全人代さえ延期した習近平に、訪日する余裕などなかった。

残るは東京五輪だけである。これだけは何が何でも開催する。そのためには早急に国内の感染を抑え込まなければいけない。

その焦りが安倍の判断を大きく狂わせていると思う。

朝日新聞(3月7日付朝刊)は社説で、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案が成立すれば、人権の制限を伴う措置が可能となる緊急事態宣言を首相ができるようになる。しかし、合理的な根拠と透明性に著しく欠ける意思決定を重ねる首相に、その判断を委ねるのは危うい」と書いた。

このような人間に、8年以上もの長きにわたって政権を委ねてきたのは、この国の民の記憶力の脆弱さのためだったと、私は考える。

思い出してみるがいい。阪神淡路大震災も東日本大震災さえも、被災地以外の人々の中で風化しつつあるのはなぜか。

あれだけの原発事故があったのに、政府が主導する再稼働に反対する声が大きくならないのはなぜか。

発言が食い違うと、人事院が「言い間違えた」と撤回

森友学園・加計学園問題、財務省による文書改ざん、桜を見る会の私物化、カジノ誘致に絡む収賄容疑で現職議員が逮捕され、安倍首相の口利きで1億5000万円も選挙資金を注ぎ込んだ参院議員の公職選挙法違反疑惑、側近・和泉洋人首相補佐官の「老いらく不倫」など、安倍首相とその周囲の人間たちの不祥事を挙げればきりがない。

極めつけは、「安倍の番犬」といわれる黒川弘務東京高検検事長を検事総長に据えるために、検察庁法を無視して定年延長させたことである。かつて「検察には国家公務員法は適用されない」と人事院は答弁していたのに、独断で覆したのである。

三権分立をなし崩しにするこの暴挙に、批判が巻き起こった。だが、呆れたことに、安倍首相は衆院本会議で、この問題について、「今般、国家公務員法の規定が適用されると解釈することとした」と、勝手に法解釈を変更したと明言したのである。

その答弁の前に、人事院の担当局長は「同じ解釈が続いている」と答えていたのに、安倍の答弁後に、「つい言い間違えた」と前言を撤回してしまったのだ。

こんなことばかりやっている政権を信頼しろというほうが無理だ。

さらに、安倍の名を使って獣医学部を新設した加計学園が、韓国からの受験生たちの面接試験の点数を全員0点にして、不合格にしていた、国籍差別が行われていたと、週刊文春(3/12号)が報じた。

昨年11月16日に行われた獣医学部獣医学科の推薦入試のことだと、加計学園幹部職員が告発している。文春は合否結果の書いてある内部文書も入手しているそうだ。

都合の悪いことは「外遊」か「解散」で忘れてもらう

萩生田光一文部科学相は「学園側に事実関係を確認している」というが、加計学園側は、「入学選抜試験は一貫して適正に実施している」と、応じる考えはないようだ。

新設までの経緯を見る限り、今回の加計学園のいい分は信用できない。また安倍の威光を笠に着て、有耶無耶にしようというハラではないのか。安倍のポチである萩生田に、事実解明を期待するほうが無理というものだろう。

国民を舐め切った安倍政権が倒れずに続いているのは、われわれが安倍官邸の巧妙な戦略にハメられているからだ。

官邸のやり方は、「やってるふり」と、政権を揺るがすスキャンダルが出たときは、時間を稼いで「忘れさせる」、この2つである。

忘れさせるためには、外遊と称して海外に逃げてしまう、突然、解散して選挙に打って出るという2つのやり方が用いられる。

典型的なのは、2017年の第48回衆議院総選挙だ。アベノミクスの行き詰まりと、モリ・カケ問題で追い詰められていた安倍首相は、臨時国会を開けという野党の要求を無視し、3カ月も逃げ回った。挙句に、国会開会の冒頭でいきなり、「北朝鮮の危機が迫っている」などという屁理屈を無理やりつけ、解散してしまったのである。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。