記事

ゴーン氏、インタビュー本刊行へ「出国成功率は75%だった」

1月、週刊ポスト・NEWSポストセブンのインタビューに応じたゴーン氏

ゴーン氏の会見中、夫の姿をスマホで撮影するキャロル夫人

 レバノンに不法出国した日産元会長のカルロス・ゴーン氏が、金融商品取引法違反などで逮捕・起訴された事件について語ったインタビュー本が刊行されることになった。

【写真】会見中、夫の姿をスマホで撮影するキャロル夫人

 タイトルは『「深層」カルロス・ゴーン氏との対話 起訴されれば99%超が有罪になる国で』(小学館)で、4月15日刊行が予定されている。聞き手・著者は元特捜検事の郷原信郎氏。

 郷原氏は昨年11月から12月にかけ10時間以上のインタビューを行ったが、ゴーン氏の出国により出版計画が白紙になっていた。その後、郷原氏はレバノンのゴーン氏とテレビ電話で連絡を取り、「それまでに行ったインタビューの内容は、すべて自由に使ってもらっていい。必要であれば追加のインタビューにも応じる」との了承を得た。その後、数度の追加取材を行い、刊行の運びとなった。

 ゴーン氏は同書の中で、自身の出国についてこう語っているという。

「成功の確率については、計画時にはもちろん100%成功させるという計画を立てたが、計画を立てた段階で予想できない事態が最後の最後に起きることもあることを考慮に入れると75%の成功率。しかし、裁判がいつ行われるかについて全く先行きが見えなかったこと、そして、公平な裁判が受けられる可能性が全く見えてこなかったことから、私はこのリスクをとった」

 ゴーン氏は日産や検察の事件への関与について実名を挙げて証言しており、同書の刊行が、日本政府によるレバノン政府との引き渡し交渉、5月に予定されるグレッグ・ケリー前日産代表取締役の公判にも影響を与える可能性がある。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  10. 10

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。