記事

アジア株式市場サマリー:中盤(9日)


[9日 ロイター] - ソウル株式市場は大幅続落。新型コロナウイルスの流行による経済的な打撃を恐れ、投資家がより安全な資産に資金を移した。また原油相場が急落し、パニック売りの様相となったことも地合いを弱めた。

キウム証券のアナリストは「投資家は世界中での急速な感染拡大を懸念しており、資産の安全な逃避先を急いで求めている状態だ」と解説した。

サムスン電子<005930.KS>とSKハイニックス<000660.KS>はそれぞれ4.8%、6.4%安。

シドニー株式市場は急落。新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、経済的影響がより深刻になるとの懸念が強まり、投資家が安全資産買いを急いだ。原油相場の急落も株価に響いた。

S&P/ASX200指数は一時5.6%安と、取引時間中としては2008年11月13日以来の大幅下落を記録。0103GMT(現地時間午後0時03分、日本時間午前10時03分)時点では前週末終値(6216.20)比338.50ポイント(5.5%)安。前営業日6日は2.8%安だった。

アルゴノートの株式取引担当エグゼクティブ・ディレクター、ジェームズ・マクグルー氏は「現時点でブレーキはない。完全降伏だ」と指摘。「オーストラリアは国内でのコロナウイルス感染件数の増加よりも、最大の貿易相手国・中国をめぐる経済の不透明感が打撃となっている。石油危機も加えれば、大混乱だ」とした上で「きょうは何よりも懸念がこの市場を動かしている」と強調した。

8日の原油先物相場は、1日としては1991年以来の大幅下落を記録した。

シドニー市場ではエネルギー株指数<.AXEJ>が一時19%安と、取引時間中としては過去最大の下落率を記録。石油大手のオイル・サーチ<OSH.AX>と石油・ガス大手サントス<STO.AX>はそれぞれ約25%急落した。

金属・鉱業株指数<.AXMM>も6%超下落。銅、アルミなど工業用金属相場が6日に大幅下落した後を受けた。

鉱業大手BHPグループ<BHP.AX>は13%超急落し、約2年ぶり安値水準。同業リオ・ティント<RIO.AX>は6%余り下げ、2016年6月以来の大幅下落。

金融株指数<.AXFJ>も5%超下落。4大銀行株は4─5%安。

一方で投資家は安全資産とされる金に注目、金鉱株指数<.AXGD>は2.3%余り上伸した。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。