記事

この2年間、FacebookやTwitter以外で急成長した米国の大規模Webサイトはどこ

急成長している新興のWebサイト(オンラインサービス)となると、やっぱりFacebookとTwitterである。まだ上場もしていないのに、主役の座に就きソーシャル化の流れを加速化させている。

 たまたま手元にあったcomScoreのデータで、Webサイトの月間ユニークビジター数の推移を見ても、両サイトの勢いぶりは抜きんでいる。この2サイトだけがやたらに目立つのだが、そのほかにも急成長している大規模サイトがありそうである。そこで大ざっぱであるが、comScoreのデータを振り返って調べてみた。comScoreでは米国ユーザーがよく訪れるWebサイトとして、月間ユニークビジター数の多い順に50サイトを並べて、定期的に公開している。トップ50サイトの内から関心のあるサイトを抜き出し、今年(2011年4月)、昨年(2010年5月)、一昨年(2009年4月)の月間ユニークユーザー数を掲げた。2011年4月のデータにはランキング順位も加えた。

●米Webサイトの月間ユニークビジター数(米国内)、単位:1000人、ソース:comScore
リンク先を見る
*トップ50に入っていない場合は、ユニークユーザー数が空白になっている

 
 上の表から、この2年間にユニークビジター数を増やしているサイトを適当に選び、次のようにグラフ表示してみた。メディア関連では、新興のGlam MediaとDemand Mediaの成長ぶりが気になる。2010年5月時点ではトップ50にランキングされていなかったLinkdInがTwitterと同様、破竹の勢いで伸びている。これらのサイトの大半は米国内でだけではなく海外展開に注力しているので、当然のことだがグローバルなユニークユーザー数はもっと多い。

●過去2年間、月間ユニークビジター数が急伸した米Webサイト、単位:1000人、ソース:comScore
画像を見る

 こうした急成長しているサイトを参考にしたいものだ。たとえば、急伸しているESPN.comである。スポーツ大国の米国ではスポーツサイトの争いは激烈で、トップYahoo! Sportsに肉薄しているESPN.comの動きは見逃せない。このESPNについては、別の記事でまとめてみたい。 


●米スポーツサイトの月間ユニークビジター数ランキング、2011年4月調査、ソース:comScore
画像を見る



◇参考
comScore Media Metrix Ranks Top 50 U.S. Web Properties for April 2011.pdf(comScore)
ESPN.com Has Narrowed The Traffic Gap With Yahoo Sports(Bisiness Insider)

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  4. 4

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  5. 5

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  6. 6

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。