記事

大爆笑でも「けしからん!」 憲兵隊を怒らせた“兵隊落語”とはなんだったのか なぜ人々は「いびつな笑い」を求めたのか #1 - 小池 新

1/2

 落語の人気はいまも根強い。しかし、現代の多くの人たちにとって、戦前から戦中にかけて庶民の関心を集めた「兵隊落語」「国策落語」がどんなものだったか、想像するのは難しいだろう。その中心にいたのが柳家金語楼だった。

【写真】この記事の写真を見る(全6枚)

 筆者の世代の記憶では、落語家を“休業中”で、自分の名前を冠した映画などに多数出演。NHKテレビの「ジェスチャー」の男性回答者リーダーを長年務めたコメディアンだった。薄い頭に百面相のような面白い顔(保険をかけたといわれる)の印象が強い。彼が兵隊落語で一世を風靡したことを知ったのはだいぶ後になってから。その落語を聞いたのはさらにずっと後だった。

「兵隊」と「落語」、あるいは「戦争」と「笑い」。全く正反対で結び付きそうもない組み合わせの実態はどんなもので、どんな意味を持っていたのか。そして、いまそれを取り上げることにどんな意味があるのか。


柳家金語楼 ©文藝春秋

憲兵隊から「待った」がかかった落語

 1928(昭和3)年3月2日付(1日発行)東京日日夕刊2面に3段の記事が出た。「憲兵隊に睨まれた 金語楼の『兵隊落語』 軍事上有害と認めて 本人と蓄音器会社へお達し」。

「今売り出しの落語家柳家金語楼が、一枚看板で数年前から高座に読み物に放送に笑わせていた『兵隊』に対し、この1月末、東京憲兵隊から『軍事上有害』との理由をもって『以後しゃべり立てること慎まるべし』という珍妙なお達しがあり、その金語楼が吹き込んだレコード発売元である2、3の蓄音器商会に対しても、兵隊レコードの発売遠慮を通達してきた」。金語楼が人気を博してきた兵隊落語に憲兵隊から「待った」がかかったという内容だ。

「金語楼もすっかり気を腐らせ『兵隊ばかりが落語じゃねえ』とばかり、今月中には新機軸の落語完成に精進しているが……」「一方、憲兵隊ではいったん禁止通知を出したものの、最近、ことが意外に大きくなるのを恐れてか、『落語家柳家金語楼吹き込みのレコードに関する件――2月8日主題の件に関し、該品は軍事上有害と認め、一時発売禁止方申し進め置き候ところ、協議の結果、東京憲兵隊は本品の差し押さえをなさざることに決定』した旨、あらためて通知を発し、問題化を防いでいる」というのが本記の全文だ。

 脇には「軍隊に対する誤解を惧れる」の小見出しで渋谷憲兵隊の談話が載っている。

「最初は軍事上有害と認めたので、発売禁止ということにしようと思ったのです。昔なら知らないこと、現代の軍隊では決してああいう内容のことはないのですから、純朴な人が軍隊を誤解しては困ると思ったので注意したのですが、協議の結果、黙許ということにしました。しかし、今後不適当なことがあれば、また考え直し、適当な処置に出ます」と歯切れが悪い。

 金語楼の談話も「一体ドコが悪いのか 兎に角(とにかく)困りやした……と」の小見出しで掲載されている。

「上官を侮辱するようなところがあるのですか」

「へえ、すっかり恐れ入っちまいましたよ。私は人を通じて聞きましたね。一体どこが悪いのですかと。上官を侮辱するようなところがあるのですかといろいろ聞いた挙げ句が、上官が『元へ、元へー』と言うのがいけないと言うんでさあ。おかしな話ですが、西洋の軍隊にはおなじみの少ない私、西洋の兵隊のお話はできないから、そのうち一工夫いたしやしょう。問題になったのはこの1月、在郷軍人の方の前でしゃべったことからでしょうが、へえ、全く弱っちまいましたよ」。「睨まれた金語楼クン」の説明が付いた顔写真も載っている。

 さらに、合同蓄音器の営業課長の談話として「私の方をはじめ、同じものを吹き込んだ2、3の会社でも同様な運命に遭ったのです。最近は渋谷憲兵隊から没収はしないというお話はありましたが、さて、売っていいものかどうか……。都合によると、内容を多少変えて吹き込み直そうかとも考えています」とある。「とにかく金語楼がやりだしてから2年もたっていまさらいけないとは、どう考えても変です。何しろ問題が落語なんですからね。私の方はともかく、今まで売り込んだ金語楼としては生活問題でしょう」とも。

 どうも、金語楼の兵隊落語に「待った」がかかったいきさつがよく分からない。いずれにしろ、「けしからん」という受け止め方が憲兵隊の一部にあったことは間違いないようだ。

「兵隊落語」とはどんなものだったのか

 問題とされた兵隊落語とはどんなものか。いろいろな演目とバリエーションがあったようだが、当時は活字化した落語が総合雑誌や女性誌、少年雑誌などに掲載され、なかでも金語楼のものが圧倒的に多かった。それらと、国会図書館にある録音資料からすると、「兵隊」「兵隊さん」「噺家の兵隊」「後備兵」から「水兵」もあり、さらに「靴磨き」「兵営編」「除隊の巻」などにも分かれている。金語楼は自身、生涯で600以上の新作落語を作ったとされるが、同じ話は一度もしたことがなかったといわれ、演じるごとに内容を組み替えていたようだ。そのうちの一例を見よう。

 講談社の雑誌「雄弁」1927年9月号に掲載された「新作落語『兵隊』」は、新兵(満20歳で徴兵検査を受けた後、初めて軍隊に入った二等兵)が靴磨きをしながら、軍隊を茶化した歌を歌っていると、上官が通りかかる。後に「靴磨き」と呼ばれる兵隊落語だ。上官はこの場合は伍長で、上等兵や少尉に替わっていることもあるが、基本的なやりとりは変わらない。

新兵 「伍長勤務は生意気で――、粋な上等兵にゃ金がない――かわいい新兵さんにゃ暇がない。ナッチョラン、ナッチョラン」

伍長 オイ! コラッ

新兵 ハッ、伍長殿でありますか

伍長 おい、貴様。いま何か歌っていたな

新兵 いや、自分は……自分は決して

伍長 何?

新兵 自分は歌なんか歌った覚えはないであります

伍長 ウソをつけ。さっきから後ろに立っていたんだぞ

新兵はごまかそうとするが、追及されて弱り、遂に歌わされる

新兵 「伍長勤務は……」

伍長 伍長勤務はどうした?

新兵 「生意気で」。自分は生意気とは思わんのであります

伍長 そんなことはどうでもいい。次を歌え

新兵 「粋な上等兵にゃ金がない……。かわいい新兵さんにゃ暇がない、ストトン、ストトン」

伍長 バカッ。かわいい新兵さんとは誰のことだ

新兵 自分であります

 ここから入隊前は落語家だったことが分かってやりとりがあった後、

伍長 一体、貴様の官姓名(所属と名前)は?

新兵 陸軍……

伍長 陸軍は分かっておる。官姓名を言ってみろ

新兵 陸軍歩兵!

伍長 陸軍歩兵何等卒だ

新兵 陸軍歩兵二等卒であります

伍長 元へっ、姓名を言えっ

新兵 山下敬太郎であります

伍長 元へっ、官姓名!

 なかなか「官姓名」を通して言えず、追い詰められていく新兵

伍長 元へっ、

新兵 海軍

伍長 バカーッ、陸軍と海軍を間違えるやつがあるかーっ

新兵 陸の続きは海であります 

 これがオチだが、高座や舞台で評判になったのは、何回も責められ、新兵が泣きべそをかきながら叫ぶところだ。

新兵 陸軍歩兵二等卒、山下ケッタロ―!

 実際に聞くと、最後の掛け合いが長くて、当時の軍隊のことをある程度知らないと、どこが面白いのか分からない。筆者も何回か聞いたが、面白さを理解するのは難しかった。ただ、「後備兵」という演目もいろいろなバリエーションがあるが、軍医や上官とのやりとりが面白かった。

 それにしても、特に日本では暗いイメージしかない軍隊を笑いのネタにし、また、それが客に受けたというのはどういうことだろう。

あわせて読みたい

「落語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    預貯金者は今からインフレ備えよ

    澤上篤人

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    自民重鎮 黒川氏の行動に不快感

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。