記事

「笑えない時代」に人々が“兵隊落語”に大爆笑したのはなぜか なぜ人々は「いびつな笑い」を求めたのか #2 - 小池 新

1/2

大爆笑でも「けしからん!」 憲兵隊を怒らせた“兵隊落語”とはなんだったのか から続く

【写真】この記事の写真を見る(全6枚)

憲兵が私をジロッとにらんで……

「麻布の十番倶楽部という寄席に出たときでした。その近くは(歩兵第)一連隊があり三連隊がありの兵隊町でしたから、憲兵がウントコサいる。それで私が高座に出ると、憲兵がゾロリとニラミをきかせるためにやってくる。

 するてえと、お巡りさんも負けじとやってきて臨監席(劇場、寄席などで警官が監視する席)へゾロリ。お客さんはてえと、憲兵の顔が見えるものだから『兵隊、兵隊もの』と声をかける。ところが、私の兵隊落語てえものは、さきにお話しした兵隊劇をまとめたものですから、いろんなことを言います。一番最初から兵隊検査のところで、

「おい、山下、おまえは甲種合格だぞ」

「えっ、合格? しまった」

「なに、しまった?」

「いえ、家の表のカギは締めてきたはずで…」

「……軍人になれてうれしかろう……」

「あーン、う、れ、し、い……」

「なんだ、おまえ、泣いとるのか?」

「はい、うれし泣きです……」

 てえところがあるんですが、そのたんびに憲兵が私をジロッとにらんじゃあ“こんちきしょう”てえ顔をする。お巡りさんの方はてえと、もし、なんとか言いやがったらてんで、憲兵の方をにらみつけている。そんなわけで、この両方がにらみ合ったまんま4日間も続いたから、お客さんはもう私の方を見ないで『兵隊、兵隊もの』と高座にどなっちゃあ後ろを向いて、そっちの方ばかり面白がっているじゃありませんか」(「泣き笑い五十年」)。


柳家金語楼の高座姿(「戦線みやげ」より)

「たった一人の落語家に警官と憲兵が4人付く」

 次の寄席へ行くと、憲兵がオートバイで追いかけ、警官も車で後をついてきたという。

 別の自著「あまたれ人生」は七五調でややニュアンスが違う。「憲兵隊から出頭せよとのお達しで、ビクビク顔で行ったらば、この節、兵隊落語や漫才を兵隊服でやってるが、けしからんのは呼び出して、聞けば、金語楼のをヒントにしてと皆言うので、当分は少し遠慮をしておくれ」。その後の憲兵と警官のにらみ合いの場面はほぼ同じで「時節時節と言いながら、たった一人の落語家に警と兵が4人付く」と書いている。

 この件については憲兵隊側の記録が見つからず、正確なことは分からない。ただ、憲兵の機関誌「軍事警察雑誌」の同年6月号の「雑録」にこんな記事が載っている。

「兵隊落語で有名な 柳家金語楼を訪ふ(う)の記」。筆者は「HY生」とあり、おそらく編集部の人間だろう。金語楼事務所の2階に招き上げられ、こんな会話を交わした。

「兵隊さん落語、すばらしい評判ですね。あれは師匠のご体験なんですか」「どこまでが体験で、どこまでが落語ということははっきりしませんが、私も軍隊生活をしましてね……」

 その後、金語楼は興味深いことを言う。

「真の軍隊を国民に知らせるようにしてもらいたい」

「除隊の時、中隊長に呼ばれましてね。『君は落語家だそうだから、帰ったら軍隊のことを落語にやるだろうが、真の軍隊を国民に知らせるようにしてもらいたい』というようなお話があり、連隊長からもそんなお話があり、また師団長閣下、大庭二郎閣下からも『軍隊生活はつらいこともあろうが、また大に愉快な楽しいところもある。君が民衆娯楽として軍隊のことをやるならば、大いにやってもらいたい。なるべく国民の誤解を招かないようにね』と懇々お諭しがありました」

 それで「私は最初から軍隊落語をやるという考えはなかったのですが」「一つやってみようという気になって始めたのです」。

 奇妙なのは「先日その筋からお呼び出しがありましてね。ご注意がありました。別に禁止されたのではありません」と人ごとのように金語楼に言わせていることだ。そのうえで金語楼はこう語っている。

「金語楼にお小言があるのも当然だと思いましたよ」

「私はあの靴磨きの兵隊さん、ナッチョランナッチョランでも、高座でやります時は、チャンと前に『いまの軍隊では決してこんなことはありませんが、昔はあったように聞いておりますので――』と断ってやります。

 それが、先日関西へ参ってみますと、いろいろな人が、私の兵隊さんが評判がよいので、作り変えておりましてね。甚だしいのは、兵隊さんが外出して遊廓に行って、酒を飲んで芸者に三味線を弾かせてナッチョランナッチョランを歌うているところへ、巡察士官がやってきて、コラッ、いま何を歌っていた、もう一度歌ってみろ、とやるのですから驚きましたね」

「これでは兵隊さんの本家本元なる金語楼にお小言があるのも当然だと思いましたよ」。そう言って「金語楼さんこと、予備役陸軍一等卒山下敬太郎君は苦笑される」で記事は終わっている。

「自由にやれよ構わぬとケンペイさんから通知あり」

 東京日日の記事で金語楼は、1月に在郷軍人の前でしゃべったことから問題になったのでは、と語っている。その在郷軍人会の機関誌「戦友」に掲載され、軍事警察雑誌同年2月号に転載されたのが今村均陸軍少佐(のち大将)の「陸軍に関する世間の誤解」という文章。陸軍将校は決して非社交的でも非常識でもないと強調したうえで、軍隊教育について言及している。

「ことに軍隊の主眼とするところが規律節制、すなわち協同心の養成にありますので、小我の自由を欲してやまない人々に精神的苦痛を覚えしむることはどうしても避け得ないのであります」「壮丁の全部が例外なく軍隊は楽な所だというようになる日は」「むしろ、軍隊の堕落、軍隊の軟弱を意味することになるのであります」と強調している。

 また金語楼は「あまたれ人生」で「私に言った同じこと、レコード会社に言ったので、発売禁止と間違えて、新聞記事で騒ぎ立て」「ある新聞に出た記事に“娯楽ものまで軍隊が取り上げてしまうことなかれ。国民へ返せ”というのが出た後は、自由にやれよ構わぬとケンペイさんから通知あり」とも書いている。

 これらを総合すると、おおよその流れが分かる。ここからは筆者の推理になる。

あわせて読みたい

「落語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  9. 9

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  10. 10

    自粛解除で過剰な「正常化」懸念

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。