記事

大相撲・八角理事長が長文挨拶 新型コロナウイルスによる無観客試合に「力士の四股は邪悪なものを土の下に押し込む」


<大相撲大阪場所>◇初日◇8日◇エディオンアリーナ大阪

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が、中入りを前に挨拶し、新型コロナウイルスでの無観客試合について説明、幕内全力士も勢揃いして、異例の長文挨拶となった。

▶中継:八角理事長による挨拶

 日本相撲協会では、新型コロナウイルスの観戦拡大を防ぐため、本場所を無観客で開催することを決定。八角理事長は挨拶冒頭で「大相撲を応援して下さる多くのファンのみなさまにご迷惑をかけることは決してえきないと考え、無観客で開催させていただくことになりました」と説明した。

 ファンに向けては「本場所を楽しみにお待ちいただいておりました多くのみなさまに大変なご迷惑とご心配をおかけすることとなりましたが、何卒ご理解を賜りますよう、お願いを申し上げます」と理解を求めるとともに、「コロナウイルスに感染したみなさまには、一時も早いご回復をお祈り申し上げます」とした。


 また、力士においても「お客様がいない本場所となり、力士にとっても気持ちを整えるのが難しく、非常に厳しい」と、モチベーション維持についての難しさを訴えた上で「郷土みなさま、ファンのみなさまの歓声や声援を心に感じ、精一杯の土俵を務め、テレビでご観戦にみなさまのご期待にお応えするものと存じます」と誓った。

 さらには「神事」とされてきた相撲についても言及し、「力士の四股は邪悪なものを土に下に押し込む力がると言われてきました。また横綱の土俵入りは、五穀豊穣と世の中の平和を祈願するために行われてきました。力士の身体は健康なからの象徴とも言われています」と、相撲の力で世の中に力を与えようと協会員、力士一同で、全力を尽くすと力強く語っていた。

▶中継:八角理事長の挨拶

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。