記事

【コロナで“報復”措置】なぜ韓国は「日本の入国制限」を嫌がらせと決めつけるのか? - 名村隆寛(産経新聞ソウル支局長)

 新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、日本政府が韓国に対する入国制限に踏み切ったことに、韓国政府が反発している。
 
 日本政府が3月5日に入国制限強化を発表すると、翌日には康京和外相が冨田浩司駐韓大使を呼び、直々に「速やかな撤回」を強く求めたほか、即日、日本人への短期滞在用(90日以内)の査証(ビザ)免除の停止を発表するなど、立て続けに異例の対応を見せた。

【画像】駐韓大使を呼び出して厳しい表情で接する韓国の康京和外相

 韓国側の感情的な反応は、日本に対する対抗措置というより、もはや"報復"措置の色合いが露骨に出ている。そこには、韓国特有の日本への感情があるようだ。

なぜか日本だけに猛抗議

 日本の入国制限強化に対して、韓国がここまで反発している理由は、表向きには次のような点が挙げられている。

「韓国政府の感染拡大防止の成果が出ている中、不適切だ」(康外相)
「韓国は入国制限を課していないのに、日本側が一方的に入国拒否に踏み切った」(外務省)
「韓国政府との十分な事前協議がなかった」(大統領府)
「日本の防疫対応は韓国に比べて脆弱だ」(外務省)

 ただ、これらの「公式な抗議」の理由は、日本にだけ当てはまるものではない。韓国では、感染者増加により、すでに100以上の国や地域が韓国からの渡航者の入国を制限しているのだ。


新型コロナウイルスの対策会議に参加した文在寅大統領(中央) ©時事通信社

 日本と同じ3月5日には、オーストラリアも韓国からの入国を制限すると発表している。韓国の言い分でいえば、日本だけでなくこれらの国々にも韓国政府は対抗措置をとるべきだろう。

 今回、韓国と同じように日本が入国制限の対象とした中国の反応は、全く異なる。

「各国が自国民と外国人の命と安全、健康を守り、地域と世界の公衆衛生の安全を保つため科学的で適当な措置を取ることは理解できる」(趙立堅外務省副報道局長)
「(入国管理の強化は)各国の共通認識」(中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報)

 感情的な反応を示した韓国とは違い、今回、中国は冷静で現実的な姿勢を見せている。

「防疫以外の意図があるのではないか」

 今重要なことは、韓国だけでなく日本をはじめとした世界各地で感染を拡大させないことだ。日本政府が中国と韓国に対して入国制限を強化した理由も、そこにある。世界的に状況を深刻化させないための“仕方がない”措置だ。しかも、今回の措置は永久に続くものではない。

 にもかかわらず、韓国政府は日本政府の措置を「悪意」と決めつけている節がある。

 韓国外務省は「防疫以外の別の意図があるのではないかと疑わざるを得ない」と早々と立場を表明し、康外相も「背景を疑わざるを得ない」と呼びつけた冨田大使に語っている。

 いわゆる元徴用工の問題、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄示唆、対韓輸出管理厳格化に反発した日本製品不買運動。一連の韓国がとった行為の恨みとして、日本が“嫌がらせ”をしていると思い込んでいるようだ。

 日本政府の措置が、韓国だけを標的にした「特別の意図」に基づくものでないことは、中国も対象にしていることからも分かる。中国と韓国で感染が確認された人は、世界で1番目と2番目に多いという現実にも基づいている。

「韓国の検査は世界最高レベル」というプライド

 韓国が日本に対して感情的な態度を見せている背景として一つあるのは、自尊心の問題である。

 いま韓国は1日1万件以上の新型コロナウイルス検査を行っているという。韓国では約7000人の感染者が確認されてはいるものの、検査の母数が多いための結果で、韓国メディアでは「同様の検査をすれば、日本の方が韓国よりも多くの感染者が出てもおかしくない」と伝えられている。

 つまり、質・量ともに感染への対処では、韓国が日本よりも優れているとの自負があるのだ。

 韓国では「韓国の検査が世界最高レベルで、検査の規模や検査結果の透明性は、世界が新型コロナウイルスの特性や致死率などを把握する上で役立っている」(丁世均首相)などと、政府もメディアもこぞって自国の対応を自賛している。

 そのプライドが、日本政府による入国制限によってズタズタに傷つけられたと思い込んでいるようなのだ。韓国政府から聞こえてくる以下の言葉が、そのことを示している。

「(日本政府の措置は)非友好的なだけでなく非科学的だ」(康外相)

「韓国政府の感染拡大防止の成果が出ている中で……」(同)

「初期に患者を見つけ出そうという韓国政府の努力を日本が十分に考慮したとは考えづらい」(保健当局者)

「疎外感」に苛まれる韓国

 韓国の自尊心が傷ついているのは日本の措置のためだけではない。先述のように、100以上の国・地域がすでに韓国からの渡航者の入国を制限している。

 中国・武漢での感染が騒がれ始めたころ、世界の目は中国に注がれていた。また、大型クルーズ船が横浜港に寄港した際、韓国はまさしく対岸の火事を見るかのように日本の状況を見ていた。

 ところが、今や韓国は世界から中国や日本と同等にみなされ、中国からさえも韓国人は隔離されている。

「2カ月前まで韓国は189カ国にノービザで入国できたが、今では反対に韓国が忌避対象になった」(朝鮮日報3月6日付「社説」)
「中国の顔色をうかがおうと韓国だけが防疫の扉を開け放っているうちに、全世界で孤立無援の身になるという、とんでもない事態が起こっている」(同)

 中国に強い対応ができていない韓国政府、文在寅政権への批判は韓国国内でも強い。

恐れるのは「アメリカの入国制限強化」

 その韓国が今、恐れていることがある。それは韓国からの入国制限をする国がさらに増えること、中でも米国の動向だ。

 トランプ米大統領は、「韓国などを綿密に注視している。適切な時期に決定する」と口にしているが、日本に加え米国までが韓国人の入国を阻めば、韓国の安全保障や経済への悪影響は不可避だ。この何としても避けたい事態については、すでに韓国メディアも懸念を報じている。

 日本への猛反発は、韓国が日本を相手にしたときに必ず示す「被害者意識」が根底にある。外部からうかがえる以上に、今の韓国は疎外感に苛まれている。そんな時に当たり散らすことができる対象は日本しかなかったということなのか。

「週刊文春 新型コロナウイルス完全防御ガイド」が、3月17日に発売となります。予約受付中です。

(名村隆寛(産経新聞ソウル支局長)/週刊文春デジタル)

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。