記事

ナイキ新作厚底シューズが転売ヤーの餌食に 19万円の出品も

ここ2年あまりの日本記録ラッシュに2回も貢献した大迫が履く靴とあれば誰しも…(写真/GettyImages)

 大迫傑選手が3月1日の東京マラソンで日本新記録を出した際に履いていたことで注目されたナイキ社製の新作厚底シューズ「アルファフライネクスト%」。世界陸連が定めた「靴底の厚さ40ミリ以内」という条件をクリアした「厚さ39.5ミリ」の商品で、3月1日から一般向けにも“限定販売”されている。ナイキの厚底はそのお値段の高さからも市民ランナーの憧れになってきたが、この新製品をめぐっては違った受け止め方も広がっているようだ。ある中堅市民ランナーが言う。

「ずっと厚底に憧れていたので新作を買おうと思ったら、フルマラソンで2時間50分以内の記録が必要で、力及ばず。中古を探したら、人気のサイズはネットオークションやフリマアプリで10万円前後でした。新作が出てこんなにがっかりするのは初めてですよ」

 記録要件が発表されたのは2月。ナイキのランニングアプリで42.195キロのタイムを測定し、2018年2月27日~2020年2月27日までに、規定タイム(男性2時間50分以内、女性・3時間40分以内)を切った人のみがアプリを通じて先着順で購入できるという“厳しい”制限が付いた。

 前身モデルの「ヴェイパーフライネクスト%」にエアー機能などを追加した「ハイブリッドな高価格帯のシューズ」(卸売業者)で定価は3万3000円(税込)だが、記録要件を付けることでプレミアム感を狙ったため、いまや転売ヤーの餌食になっているのだ。たしかに、フリマアプリを見てみると、26.5センチで19万円、26センチで9万5000円、31センチで7万円など数倍の値段が付いている。

 しかも、店頭やネットなどでの一般発売日は「未定」だということが転売ヤーの動きに拍車をかけている。前出の卸売業者が言う。

「アルファフライは初夏ごろの発売とされていましたが、コロナウイルスの拡大による生産体制などの影響もあると言われており、店頭などで買えるようになるのはもっと後だと考えられます。(前身の)ヴェイパーの在庫が多くて売り切らないといけないのならば分かりますが、すでに品薄になっている店もあります」

 いま店頭にあるのはホカオネオネ社製やブルックス社製など、まだ日本記録や世界記録などの実績はない海外メーカーの厚底シューズだけで、ミズノやアシックスも含め国内メーカーの新作発売は4月以降と言われている。

 一般向けの発売日やコロナの影響などについて、ナイキジャパン広報に尋ねると「発売日などに関し、現在お答えできる情報はありません」と話す。

 いつまでも転売ヤーを放置していては、市民ランナーたちの“厚底熱”が冷めてしまうかもしれない。

あわせて読みたい

「ナイキ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    なぜ朝日新聞は誤報を繰り返すか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。