記事

野村克也はなぜ「明智光秀のように死にたい」と話していたか

1/2

プロ野球の名監督・野村克也氏は生前、戦国武将の明智光秀の生き様に共感していたという。ID野球の生みの親が、“謀反人”の光秀に見出した共通点とは――。

※本稿は、野村克也『野村克也、明智光秀を語る』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

ヤクルト球団設立50周年を記念して行われたOB戦。試合後、取材に応じるGOLDEN 90’sの監督を務めた野村克也氏=2019年7月11日、神宮球場
ヤクルト球団設立50周年を記念して行われたOB戦。試合後、取材に応じるGOLDEN 90’sの監督を務めた野村克也氏=2019年7月11日、神宮球場 - 写真=時事通信フォト

知らないうちに人生の晩年を迎えていた

平成29(2017)年12月に、妻の沙知代が亡くなった後、私は心身ともに一気に老け込んだ。それ以来、歩行が次第にしんどくなり、車いすに乗って移動することが多くなった。球場へ取材に出向くときも車いすである。

現役時代から私をよく取材し、30年来の同志とも言えるベテラン記者に出くわした私は思わず、「いかに楽して死ぬかしか考えとらんわ」と心にもないブラックジョークを言ってしまった。知らず知らずのうちに、私は人生の晩年を迎えていた。「死」というものは季節の移ろい以上に細やかに音もなく近づいてくるものなのかもしれない。

明智光秀の「死」もまた音もなく近づき、しかし私とは違い、豪然と光秀に襲いかかった。天正10年(1582年)6月2日の「本能寺の変」の11日後。6月13日に光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れた。その夜、坂本城を目指し、わずかな家臣に守られて逃走した。

なぜ「楽して死にたい」と考えたか

その逃走途中、京都伏見の小栗栖(おぐるす)で落武者狩りに討たれたのである。竹槍で脇腹を刺されたと言われている。普通、槍で刺されると、当時の人は熱した鉄の棒でえぐられた気になったものだが、竹槍で刺されるのはもっと悲痛である。熱した鉄の塊を脇腹に強く押し当てられた激痛が走る。突然繰り出された竹槍に光秀は脇腹を刺され、落馬。致命傷と悟った光秀は、自刃したと言われている。

敗走中に、いきなり竹槍で刺さられて、その直後、自刃した光秀。その死は無念の一言に尽きる。しかし、光秀を倒し、天下人になったものの幼子・秀頼を遺して死んでいく秀吉の死に比べて、無念ではあったが後悔のない死に様ではなかったかと、私は思っている。

私が戯言で、「楽して死にたい」と話したのは、秀吉のように「頼む、頼む」と頭を垂れて死ぬのではなく、光秀のように後腐れのない死に様を望んだからだろう。

朝夕の食事にも事欠くほど貧しかった

英傑ではあったが、英雄にはなれなかった男、それが明智光秀である。

光秀の前半生は資料で伺い知ることができず、その多くは謎に包まれている。歴史の表舞台に登場するのは、信長の家臣となる永禄11(1568)年で、光秀41歳のときだった。

若き日の光秀は流浪の日々を過ごし、貧困にあえいでいた時期もあったと聞く。出自は美濃国の守護・土岐氏の一族と言われる明智氏のもとに生まれたとされているが、それさえも定かではない。とはいえ、明智氏のもとに生まれたとすれば、光秀29歳の頃に明智城が美濃国守護代・斎藤義龍の侵攻により陥落し、美濃を逃れた。

美濃国では名門と言われている土岐氏の末裔として高い教養を身につけた光秀は、室町幕府13代将軍・足利義輝に仕えたが、将軍・義輝は松永久秀に攻められ闘死してしまう。主君を失った光秀は浪人となり、各地を転々とした。朝夕の食事にも事欠く貧しい生活を送っていたと言われている。

貧しさと隣り合わせの生活を、私もまた送った。私が3歳のときに父親は日中戦争で戦死し、母親が女手一つで兄と私を育ててくれたのである。貧しい暮らしだった。父親がいないこと、貧乏なこと、10代の私はずっとその劣等感を持って生きていた。

野村克也と光秀にある「2つの共通点」とは

武将もまた勝負師に近いものがある。基本的に勝ち負けの世界で生きる者は何事につけても慎重である。その典型は私なのだが、それでも「これだ」と思ったら、時には他人の言葉に耳を貸さず、我が道を行くことも必要だ。

武将たちもその点は同じで、信長の「桶狭間の戦い」、光秀にとっての「敵は本能寺にあり」、秀吉の「中国大返し」がそれである。

光秀の人生を見ていて、もう一つ私と共通する点は、〈想像して、実践して、反省する〉という思考の回路である。反省をしっかりとすることで、成功を確実に勝ち取るという考え方である。光秀も、私も元来は慎重な人間なのである。王貞治もそうかもしれない。

しかし、長嶋茂雄は天才だから感性が無意識に、「想像して、実践して、反省する」を行っていたに違いない。上杉謙信も似たようなものだ。毘沙門天を崇めた彼は祈りながら、信心の中でそれを行っていたはずである。

光秀と対等になった気分で、私は話しているが、光秀は歴史に名を遺す武将であり、私はイチ野球人でしかない。しかも、日陰のポジションであるキャッチャーだ。キャッチャーはつくづく因果な商売だと思う。毎日飽きることなく、野球の筋書きばかりを書いているからだ。

「キャッチャーは1試合で3回分試合している」

私がよく話す話に、「キャッチャーは1試合で3試合分の試合をしている」というのがある。試合前の想像野球、実際の試合における実践野球、そして試合後の反省野球である。試合前には、相手打線の並びや打者のタイプを見極めて、どう攻めるか具体的に考えることが大切だ。そのシミュレーションをもとに試合でピッチャーをリードする。

しかし、想像の通りに行かないのが現実なので、試合後一球一球の配球と結果を思い出し、反省野球をするのだ。私の場合、この反省野球をしないとキャッチャーとして翌日戦えない。面倒だがこの繰り返しが、野球選手としての成長を促すのである。野球というスポーツは考えるスポーツなのだ。

武将の場合も同じだと思っている。当時の戦国武将たちの中には、文字もろくに書けず、「論語」など読んだことがないという武将がざらにいたようだ。しかし、彼らは戦話をすることで、戦のシミュレーションや反省会をしていたのだ。まさに、耳学問である。

光秀は教養のある武将だったので、戦いの前後には私の場合と似たような思考を繰り返していたはずである。

あわせて読みたい

「野村克也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    コロナ重症化と喫煙 関係に注目

    水島宏明

  3. 3

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  4. 4

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  5. 5

    疲弊する公務員 報酬増で応えよ

    毒蝮三太夫

  6. 6

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  7. 7

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  8. 8

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  9. 9

    2021年五輪開催は政権の末期症状

    郷原信郎

  10. 10

    補償なく自粛を要請 著名人怒り

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。