記事

1箱3800円の高級グミ「グミッツェル」がバズっている理由

1/2

のど飴などで知られるカンロの製品「グミッツェル」が好調だ。東京や大阪の店舗では1箱3800円の商品が人気の手みやげに選ばれている。経済ジャーナリストの高井尚之氏が人気の背景に迫った——。

ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店
撮影=プレジデントオンライン編集部

ポップで洗練された新店舗が登場

2020年2月19日、東京・新宿駅に直結した商業施設でイベントが行われた。 (提供=カンロ)
(提供=カンロ)

2月20日から5月31日の期間限定で運営する「ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店」のメディア内覧会。店を運営するのは「カンロ飴」で知られるカンロだ。新型コロナウイルスの影響で個別取材に変わったが、メディア関係者が次々に訪れた。

若い世代を意識したであろう、ポップなディスプレーとアップルストアのような洗練された店内。この空間にこそ、カンロの決意が込められている。老舗の皮を脱ぎ捨てるという決意だ。

長年続く企業ほど、時代に合わせて事業活動の中身を変えていく。今回は同社の「グミ」への取り組みに焦点を当て、企業の「来し方行く末」を中長期の視点で分析したい。

お土産ランクのトップ10に入る高級グミ

「ヒトツブカンロは、2012年6月に1号店を東京駅グランスタ(GRANSTA)店にオープン。2015年4月には大阪ルクア イーレ(LUCUA 1100)店もオープンしました。東京駅と大阪駅に直結した両店とも好調で、出張帰りのギフトでもご利用いただいています。今回の新宿ミロード店は初の路面店で、お店の人気ナンバーワン商品『グミッツェル』に注力しています」

カンロの執行役員・内山妙子氏(コーポレートコミュニケーション本部長)はこう話す。グミッツェルは焼き菓子のプレッツェル型のグミで、パリッとした食感が特徴だ。新宿ミロード店は、グミッツェルのイラストを店舗外面にも描いた。内山氏ら関係者の襟元にも、同商品を模したピンズ(徽章)が光る。

「ヒトツブカンロ」の店名には、1粒のキャンディをギフトや自分買いで楽しんでほしい思いを込めた。その代表例であるグミッツェルは、東京駅グランスタのお土産ランキングトップ10に入り、現在まで累計約600万枚を販売。最も高いものは30個入り3800円で、新宿ミロード店では1個から購入可能だ。

1個 140円(税込、以下同)

6個入り 800円

12個入り 1550円

30個入り 3800円

30個入りBOX
提供=カンロ

新型コロナウイルスの影響以前は、観光客や出張帰りの会社員がお土産で買うことが多く、小分けのものは若者が購入するケースも目立ったという。

「アメ」の会社が、なぜグミにも進出するのか

1991年に入社した内山氏は、もともとデザイナーだった。その後にマーケティング畑を歩み、2012年に創業100周年を記念した直営店事業「ヒトツブカンロ」立ち上げにも参加。新CI(コーポレートアイデンティティ)導入のプロジェクトリーダーを務め、2018年1月から現職に就いた。関係者一丸となった活動だろうが、随所に「デザイン視点」が組み込まれている。

後で述べるが、拡大するグミ市場の大半は小売店で気軽に買える「ふだん使い」。カンロも「ピュレグミ」というブランドで訴求を行う。

これに対して、グミッツェルは贈答用だ。屋台骨であるアメ(飴)にも注力しつつだというが、なぜカンロ飴の会社が、アメとムチならぬ「アメとグミ」なのだろうか。

アメの売り上げが減る一方で、グミ市場はぐんぐん拡大

菓子市場における「飴菓子」は大きく、(1)飴、(2)グミ、(3)錠菓に分かれる。錠菓とは「ミンティア」(アサヒグループ食品)などのタブレット菓子だ。

飴菓子としての市場規模は、小売り金額で約2680億円、生産金額で約1950億円となっている(全日本菓子協会調べ。2018年)。近年の市場動向は(1)が減少、(2)は伸長、(3)は拡大したが伸びがとまりつつある――と聞く。

その内訳は調査結果で異なるが、ここでは調査会社のインステージ(SRI 組成別市場 販売金額)の数字を紹介しよう。それによれば、2007年と2019年を比較すると、(1)が899億円→777億円、(2)が237億円→424億円だった。12年で、(1)の飴は約14%市場が縮小し、(2)のグミは約80%市場が拡大した。この大半は、一般小売店で買える商品だ。

ちなみに競合も含めた「グミの売れ行きベスト3」はこうなっている。

(1)「果汁グミ」(明治/シェア15.2%)

(2)「ピュレグミ」(カンロ/同9.8%)

(3)「フェットチーネグミ」(ブルボン/同7.5%)

※2019年4月 インテージSRI:SUPER+CVS+DRUG/全国の調査データ

グミの好調さを実感するのが、コンビニの売り場だ。一等地と呼ばれる“レジ前”でも陳列幅を広げた。社会人が仕事中の小腹を満たす、“大人おやつ”としても人気だ。この成長市場の風に乗り、さらなる事業拡大の思いもあるだろう。

あわせて読みたい

「お菓子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。